二人の息子の放課後等児童デイサービスの選び方・考え方【体験談有】

発達障害児_兄弟

あなたは、『放課後等デイサービス』をご存知でしょうか?

2012年の児童福祉法の改正の中で障害児施設のサービスの一元化が行われ、学童期の支援を充実するために創設されたのが、『放課後等デイサービス』です。

関係者の間では、放デイと呼ばれることも多いです。

親御さんが子どもの頃にはまだなかったサービスですから、馴染みがなく、どう利用したらいいのか、どのようなことをしてもらえるのか、想像がつきにくいのではないでしょうか。

実際、私もそうでした。

いろいろ検討した結果、我が家の次男は現在放課後等デイサービスを利用しています。

本人も楽しんで通っているので、利用して本当によかったと思っています。

そんな私と次男が、どうして放課後等デイサービスを利用しようと思ったのか、また、利用するまでにどのようなことをしたのかを具体的にお話しします。

放課後等デイサービスの利用を検討しているのであれば、参考にしてみてくださいね。

1.発達障害児のための福祉サービス

放課後等デイサービス放課後等デイサービスは、2012年の児童福祉法の改正で新設された、新しい福祉サービスの名称です。

障害のある学齢期の子どもが、放課後、または、土曜、代休、長期休業など、学校が休みの日の居場所として、また、療育の機能も併せ持つ福祉サービスです。

それまでも、障害児の通所施設はあったものの、身体、発達、精神と利用できる対象の障害が限られていて、通常学校に通う子どもたち、特に療育手帳のない発達障害児の利用できる支援サービスがない、という問題がありました。

また、発達障害児に対する市町村などが行う公的な療育も就学前までのものが多く、小学生になってしまうと何も療育を受けられない、という状況になってしまうこともありました。

放課後等デイサービスで療育を行うことによって、学齢期の発達障害児にも切れ目のない支援をしてもらえるようになりました。

▲もくじへ戻る

2.放課後等の子どもたちの居場所としての事業

2-1.学童保育

学童保育放課後の子どもたちの居場所としては、学童保育があります。

児童福祉法では学童保育のことを『放課後等児童健全育成事業』といいます。

利用できる児童は、“放課後児童健全育成事業とは、小学校に就学している児童であつて、その保護者が労働等により昼間家庭にいないもの“とされていますので、学童保育を利用するためには、保護者の就労が条件となります。

発達障害児を育てる親御さんは、就労できないでいる場合も多いですよね。

私も何度も就職したいと思いましたが、子どもたちがすんなり登校してくれない日も多く、学校からの呼び出しや、子どもたちへの急な対応などの回数を考えると、職場に迷惑をかけてしまうと思い、専業主婦という道を選びました。

▲もくじへ戻る

2-2.学童保育と放課後等デイサービスの違い

2-2-1.就労の有無は問わない

学童保育と放課後等デイサービスの違い条件をクリアしていても、障害があることを特別に配慮してもらうことは難しく、利用できたとしても、障害の特性からトラブルを起こしてしまって居づらくなってしまうこともあり、発達障害児には厳しい環境です。

その点、放課後等デイサービスに関して、利用できる児童として児童福祉法に規定されているのは、“身体に障害がある児童、知的障害のある児童又は精神に障害のある児童(発達障害児を含む)”となっています。

また、学童保育は小学生までですが、放課後等デイサービスは、18歳、高校生まで利用できます。

実年齢と同じように発達していけない発達障害児にとっては、放課後の居場所づくりとして大変ありがたいサービスですね。

▲もくじへ戻る

2-2-2.レスパイトケアとしての側面

レスパイトケアとしての側面放課後等デイサービスは、発達障害児を育てる親御さんのためのレスパイトケアの役割も果たしてくれます。

レスパイトケアとは、在宅で子育て、介護、障害児のケアなどをする家族に対して、一時的にケアを代替し、リフレッシュを図ってもらう家族支援サービスの総称です。

子育てから家族のケアまですべてを在宅でおこなっている場合、他の家族に任せて自分の時間を持つのも難しいことが多いですよね。

私も、実家が遠かったので実親には頼めず、同居している義両親にも夫にも頼めず、なかなか一人の時間を作ることができませんでした。

子どもをずっと一人でみていると、だんだんイライラしてきてしまって、元気なときには許せることでも怒ってしまいたくなったり、余裕がなくなったりしてしまいますよね。

子どもと離れて自分の時間を持つことで、親御さんが子どもと接するときに余裕を持っていられるようにする、そんな利用も可能なのが放課後等デイサービスです。

▲もくじへ戻る

2-2-3.療育が受けられる

療育サービス提供者によっては、利用時間内に、リトミックや体操教室、SST(ソーシャルスキルトレーニング)などの療育を提供しているところもあります。

また、放課後等デイサービスを利用するときに、“サービス等利用計画書”を作ります。

援助方針や、長期、短期の目標、また、本人が解決すべき課題(本人のニーズ)という欄があり、様々な支援目標と支援の方向性が書かれています。

この内容は、保護者、事業所、相談員との会議で決定されます。

各々がバラバラに支援していては子どもが混乱してしまうことがあるため、支援に一貫性を持たせるために作られます。

放課後等デイサービスの指導員は、必ずしも全員が有資格者、プロではありませんが、この支援方針にそって、日々の生活の中での声かけの仕方などを工夫していただくこともまた、療育になります。

▲もくじへ戻る

2-2-4.いくつかの事業所を並行して利用することができる

言語療法放課後等デイサービスはいくつかの事業所を同時に契約することができます。

SSTに力を入れている事業所、運動など体を動かす遊びを多くしている事業所、学習支援をしてくれる事業所、と、いろいろなタイプの事業所があるのも放課後等デイサービスの特徴です。

タイプの違う事業所を、同時期に契約して利用することができるのも放課後等デイサービスの強みです。

曜日ごと、月曜はA事業所、木曜はB事業所、土曜はC事業所、というような利用も可能です。

▲もくじへ戻る

2-2-5.利用料金は一部負担

カレンダー収入による制限がありますが、学童保育のように一律ではなく、利用した日数分を受給者証に認定された率で支払うことになります。

病院にかかった時のように、一部負担金を支払うだけで残りは補助で賄われるので、利用料金は、個人で療育を受けることやシッターを頼むことに比べたら格安になります。

▲もくじへ戻る

3.実際に放課後等デイサービスを利用するまでの流れ

3-1.すぐに利用開始にはならない

準備利用するまでにたくさんの申請が必要となるため、「今からすぐに使いたい!」と思っても簡単に利用できるものではありませんでした。

簡単にまとめると、やるべきことは4つ。

  • 相談支援事業所を選ぶ
  • 利用したい事業所を選ぶ
  • 市役所に受給者証の給付申請をする
  • 受給者証が届いたら、利用したい事業所と契約する

その後、利用開始となります。

私は介護の経験があったので、『相談支援事業所を選ぶ』はケアマネジャーとの契約、『利用したい事業所を選ぶ』はデイサービス事業所との契約と同じだな、とすぐに理解できましたが、少しわかりにくいですよね。

ひとつずつ説明します。

▲もくじへ戻る

3-1-1.相談支援事業所

相談支援員名前の通り、相談支援をしてくれる事業所です。

そこに相談支援員という人がいて、その相談支援員と契約することになります。

相談支援員は、どこにどのようなデイサービス事業所があるのかを把握しているため、わからなければ調べてくれます。

その上で、家庭訪問で親と子どもと面接をして、どの事業所が合っているのか、どのような支援をしていくことが必要なのかを一緒に考えます。

デイサービス事業所とは別の機関なので、中立な立場で相談に乗ってもらえます。

利用開始からも、定期的に面接やアセスメント(経過観察)などがあるので、何度も顔を合わせる人です。

一度契約しても契約解除をすることが可能ですし、他の相談支援事業所や相談支援員に契約し直すことももちろん可能です。

いくつか選択肢がある場合は、契約前に何件かの相談支援員さんとお話をしてみるのもよいでしょう。

我が家の場合は、相談支援事業所も市町村内にいくつもあったので、家から一番近い相談支援事業所の相談支援員と契約しました。

▲もくじへ戻る

3-1-2.利用したい事業所

検索“現在お住まいの市町村名”と“放課後等デイサービス”をインターネットで検索すると、いくつかの事業所のホームページがヒットしたり、役所のホームページに一覧表が載っていたりします。

家の近くがいい、療育をしっかりしてくれるところがいい、土曜日も利用できるところがいい、などのご家庭によってそれぞれ異なるニーズがありますよね。

それをふまえて自分で検索して探すこともできますし、全く何もわからない状態であれば、相談支援員さんを先に決めて、一緒に相談して決めるとよいですよ。

私は地域の放課後等デイサービスの実情を何も知らなかったので、まずは相談支援員さんと契約をして、次男との面接で、このような施設がいいのではないか、といろいろな施設をお勧めしてもらい、見学にいき、その中から、支援級の担任にも相談をして現在の放課後等デイサービスを選びました。

▲もくじへ戻る

3-1-3.役所に受給者証の給付申請、利用したい事業所と契約

手帳放課後等デイサービスを利用することができることが認定されるともらえるのが、受給者証です。

申請時に必要なものは市町村によって違いがあることなので直接問い合わせが必要なのですが、本人からの聞き取りがあるので本人が同行すること、また、

  • 手帳を持っている場合は手帳
  • 手帳がない場合は放課後等デイサービスを利用する必要があるという診断書

が必要になります。

我が家の子どもたちは手帳を持っていませんでしたので、主治医から診断書をいただきました。

診断書を書いていただくのに時間がかかる病院も多いですから、手帳のないお子さんが受給者証の給付申請をすることが決まった時点で、病院に「放課後等デイサービスを利用するための申請に使う診断書」をお願いしておくのがよいですよ。

申請が受理されると、受給者証が送付されてきます。

受給者証が届くのにも、市町村によって差はありますが、一ヶ月から二ヶ月かかるところもあります。

受給者証が届いたら、今度は利用するための事業所との契約をします。

相談支援員との契約と、事業所との契約は別の契約となります。

▲もくじへ戻る

4.我が家の子どもたちと放課後等デイサービス

4-1.我が家の子どもたち

息子たちはそれぞれ、小学校一年生の時に発達障害の診断を受け、中学生の長男はアスペルガー症候群とADHD、小学生の次男は、広汎性発達障害とADHDとの診断があります。

4-1-1.兄弟仲が悪い我が家

兄弟仲が悪い我が家は、兄弟仲がとても悪いです。

ふたりともコミュニケーションに難がある発達障害を持っていることが関係していると思いますが、喧嘩をしているとき以外に会話をしているのをほとんど見たことがありませんでした。

歳は4つ離れているのですが、絵に描いたようなアスペルガータイプの長男は、次男の世話をすることも、小さいからと譲ってやることもなく、次男をよく泣かせていました。

また、集中して遊ぶことがほとんどないADHDタイプの次男とでは、遊び方も考え方もほとんど共感する点がないようで、同じ遊びで一緒に遊ぶこともありませんでした。

それぞれにパーソナルスペースのこだわりが強く、私への執着もそれぞれに強いため、私のいる部屋に子どもたちが集まることになり、そうなると、距離が近くなりすぎて喧嘩になります。

「それ以上こっちに来ないで!」「こっちが狭い!」などと、土日に二人とも家にいるとしょうもないと感じるようなことで喧嘩になることが多いのです。

次男は公園へ遊びに行くことが好きですが、長男は家でゆっくり遊びたいというタイプ。

そんな正反対の子どもたちなので、公園に連れて行けば長男を放置することになり、家で遊ぶことになれば次男に我慢をさせることになり……、私はほとほと疲れ果てていました。

4-1-2.宿題に集中して取り組めない次男

ADHD次男は失敗するのがとても嫌いなのですが、長男は、その失敗を鋭く指摘してしまう癖がありました。

宿題で音読をしていても、掛け算の九九をやっていても、お兄ちゃんから「間違ってるよ」「そんなこともわかんないの?」とズバッと言われてしまうのがいやで、家で宿題をするのをとてもつらく感じていたようです。

また、家にはたくさんの誘惑があるため、それに簡単に流されてしまうのもADHDらしいところで、計算している途中でしまっていなかったおもちゃに気を取られて、全く違うことを始めてしまう、などということもしょっちゅうありました。

▲もくじへ戻る

4-2.次男が放課後等デイサービスを利用することになるまで

放課後等デイサービス_検討我が家では、それぞれの特性に合わせて、

  • 土曜日の次男の活動場所づくり
  • 平日は宿題に取り組める環境づくり

をしなくてはいけないと考えていました。

学童保育ももちろん選択肢のひとつでしたが、私は就業しておらず利用できませんでした。

そんな折に、次男から「今日は支援級のお友達の●●くんは、▲▲さんのお迎えだったんだよ」という話を聞きました。

▲▲さん、というのはどうやら放課後等デイサービスの事業者のようで、「同じ支援級の子が利用できるのなら、次男でも利用できるのではないか?」と調べることにしました。

放課後等デイサービスでは、学童保育と同じく宿題をする時間も設けられているというのもありがたいポイントでした。

▲もくじへ戻る

4-2-1.実際に相談した相談先

💡-支援級の担任

まず、次男から聞いたことをふまえて、支援級の担任の先生に「放課後等デイサービスって支援級の子でも利用できるのですか?」と聞いてみたところ、「もちろん申請すれば利用できますよ!」との答え。

「同じ支援級の子も結構利用していますよ」
「役所の福祉課や障害者相談窓口に聞いてみたら教えてもらえますよ」と教えてくれました。

💡-市町村の障害者相談窓口

現在住んでいる市町村には、障害者向けの相談窓口施設があり、そこに電話をしてきいてみました。

もちろん、役所の福祉課でも同じ説明をしてもらえるはずです。

「小学生の息子に放課後等デイサービスというものを利用させたいと考えているのだけど、どのようなことをすればいいですか?」と聞くと、担当者は詳しく教えてくれました。

▲もくじへ戻る

4-2-2.サービス提供事業者への見学

見学相談支援員さんにいくつかの事業所をお勧めしてもらい、次男と一緒に何箇所かに見学にいきました。

民家を改装したアットホームな雰囲気の事業所もあれば、専用に作られた事業所もあり、様々です。

また、療育の提供内容も、そこへ通っている子どもたちも多彩でした。

普通学校の支援級の子が多い事業所、特別支援学校の子が多い事業所もあります。

どちらの子が多いのかによって、事業所内の雰囲気も、療育や一日の過ごし方の内容も大きく変わるので、その点は確認しておくとよいですよ。

次男は大きな声を出す人が怖く、見学に行った時に大きな声を出してしまうお子さんがいた事業所は完全にアウトでした。

▲もくじへ戻る

4-2-3.サービス提供事業所の決定

サービス提供事業所の決定次男は『本当はできるのだけど少し自信がない子』なので、「放課後等デイサービスでまで努力させるのは本人が疲れてしまうのではないか、できるという自信を付けられる場所にしてはどうか」という支援級の担任の言葉もあり、中高生と小学生が別の部屋で活動をしている事業所を選びました。

学校での子どもの姿は、家での子どもの姿とは大きく異なることがあります。

放課後等デイサービスが、初めて子どもだけで参加する学校以外の所属先、ということも多いでしょう。

私は支援級の担任に相談して、学校と同じ、親から離れた支援の場である放課後等デイサービスに何を求めるべきなのかを一緒に考えてもらいました。

学校では、「自分より小さい子にはお兄さんらしく振舞って、がまんすることもできる」「先生を手伝って褒められることをとても喜んで誇りに思っている」という点を踏まえて選んだ事業所ですが、現在は、利用者のお子さんや指導員さんからお手伝いを頼まれたり、自分からお手伝いをしたりしているようで、次男はしっかりと放課後等デイサービスに自分の居場所を見出しています。

はじめのうちは行き渋ったり、学校から「『デイの車は乗らない』と泣いています」と電話がかかってきたりしたこともありました。

しかし、いまではすっかり気に入って、今後利用日が減ってしまうことを残念がるほどになっています。

▲もくじへ戻る

4-3.小学生時代に利用できなかった長男の場合

4-3-1.サービス提供の地域格差と

施設長男が小学二年生の時に放課後等デイサービスが設置されるようになる法改正がありましたが、長男が小学六年生まで過ごした市町村には、当時利用できる事業所がありませんでした。

片道40分以上かかる隣の市にはありましたが、名前の通り“放課後”に活動がありますから、学校が終わってから事業所まで移動するのは、現実的には難しい問題でした。

そのため、長男は小学生時代に放課後等デイサービスを利用することはできませんでした。

当時住んでいた市町村に、今現在、どの程度の施設があるのかを放課後等デイサービスを検索できるサイトで調べてみると、施設は4つあり、一日の定員数を合計すると50人が利用することができるようです。

対して、現在住んでいる市町村には50施設以上あるので、10倍以上の施設の中から選択できるようになりました。

放課後だけでなく土曜日にも利用したい、中学生の長男も利用したい、という希望があった我が家にとっては、選択肢が多いのはありがたいことです。

▲もくじへ戻る

4-3-2.中学生以上を対象としている事業所もある

中学生以上対象中学生、高校生を対象としている放課後等デイサービスも数多くあります。

小学生と同じような放課後の利用は難しいですが、夕方から夜までや、土曜日に、学習支援のサービスを提供する事業所もあります。

学習塾のように利用することができるそうです。

普通学級に通い、高校進学を目指す発達障害児にとって、発達障害の特性を理解して学習支援をしてもらえるのは大変ありがたいことですね。

現在、長男も高校進学を見据えて、放課後等デイサービスの利用を検討しています。

支援に対してネガティブなイメージしか持っていない長男ですが、学習支援という方向性の違う支援なら受けてもいいかもしれない、と感じてくれているようです。

▲もくじへ戻る

まとめ

サポート放課後等デイサービスについて、我が家の状況を交えてご紹介しました。

「長男の時にもこんなサービスがあったなら」と思ってしまうような、本当にありがたいサービスです。

発達障害児をとりまくサービスは、私が知る範囲-長男が診断を受けてからの8年の間だけでも大きく変わりました。

もちろん、これからもいろいろと変わっていくことがあるでしょう。

大きく変わってきたと感じるのは、『切れ目のない支援』です。

親だけが全部を抱えなくてもいい、子どもの成長を一緒に支援してくれる外部の手助けを受けることは、なにも恥じることではありません。

多くの人に子どもとかかわってもらうことで、自分の知らない子どもの一面を知ることもできました。

私は、相談支援員さんに子どものことを話せる、というだけでも、救われる思いを感じました。

まだ放課後等デイサービスの利用を迷っている親御さんは、子どもの可能性を広げるためにも、ぜひ一歩踏み出して問い合わせをしてみてください。

▲もくじへ戻る

コメント