top

ADHD(注意欠如・多動症)最新コラム

 

【ADHD】子どもを伸ばすための3つの対応~社会で活躍できる大人になるために~

 
ADHDの特性を持つ子は「親を困らせてやろう」とは決して考えていません。問題行動はその子からのSOS。そうとらえて適切な対応を心がければ、本来持っている力を発揮できるようになります。今回はADHDの特性を持つ子どものための適切な対応についてまとめています。

今すぐできる!「大人のADHD」職場でのトラブル例とその対処法【5つ】

 
ADHDの特性である不注意、多動性、衝動性のために、ケアレスミスが多い・物を失くす・頼まれた仕事を忘れるなど、職場で困っていることはありませんか?ここでは、大人のADHDの人が仕事で悩んだ時にどうすればいいか、そのヒントを紹介したいと思います。

ADHDの特性を持つ子どもの治療法~薬による治療&療育・教育的な支援~

 
ADHDと診断された子どもはどのような治療を受けるのでしょうか。そもそもどういった目的で治療を行うのでしょうか。ADHDの子どもにみられる「不注意、多動性、衝動性」という特性を完全に治すことはできません。特性を抱えながらも日常生活を送りやすくすること、「自分はどうせできない」という自尊心の低下からうつや適応障害などの二次的な障害を予防することが大切となります。ADHDの特性を持つ子どもの治療について詳しくみていきましょう。

ADHDの子どもには運動が効果的!おすすめの【6つの運動】とは?

 
ADHDの特性を持つ子どもたちは不注意、多動性、衝動性などの特性から、しばしば家庭生活や学校生活を送る上で壁にぶち当たり、つらい思いをしているケースが多くみられます。生活しづらくなるような特性の背景には、脳の機能障害が関係していると言われています。運動を行うことは、脳の活性化を図り、ADHDの特性にも良い効果があることが期待されています。ADHDの子どもと運動の関係性についてみていきましょう。

子どもがADHDと診断された!親が最初に考えるべきこととは?

 
子どもがADHDと診断されたら、どのように向き合っていけばいいのでしょうか?診断された時は何も考えられないでしょう。しかし、いつまでも塞ぎ込んではいられません。ADHDという障害と向き合っていく時に必要な心掛けや考え方を紹介いたします。

発達障害 最新コラム

 

【発達障害】精神障害者保健福祉手帳の等級が下がって困ったこと・療育手帳を取得せず後悔したこと

 
精神障害者保健福祉手帳のメリット、障害者手帳の障害等級が下がった体験談、精神障害者保健福祉手帳と療育手帳の違いなどについて、発達障害当事者視点でお伝えしています。手帳保持者が利用できる福祉サービスや割引事項にも触れています。(2018年12月時点)

療育手帳の判定は変えられる!幼児期に必須の3つの選択とは?

 
「もしも子どもに障害があったら」と思うと専門病院での受診は迷うもの。でも、子どもの成長の可能性は、親御さんの勇気次第で変わります。ここでは療育手帳の取得から療育・保育施設の選択に至るまで、「自閉症」の診断を受けた体験談を通してお話しします。

【高機能広汎性発達障害】子どもの精神障害者保健福祉手帳取得と心構え

 
発達障害児の精神障害福祉手帳申請を考えていらっしゃる親御さんへ。今回の記事では、発達障害による手帳の必要性や取得までの手順、手帳を持つことに対する心配や不安への対応方法など経験談を交えてお伝えします。精神障害福祉手帳取得の参考になれば幸いです。

必見!子どもが発達障害と診断されたら申請できる【助成金】について

 
子どもが発達障害と診断されたら、特別児童扶養手当の申請ができます。特別児童扶養手当とは何か、申請方法とその流れについて伝えます。さらに子どもの成人に向けての準備まで、このページですべてがわかります。

災害はヒトゴトでは無い!経験してわかった非常時のためにあるとよいこと、もの

 
昨今、激甚災害に指定される災害が全国各地で起こっています。誰もがいつ災害に見舞われるかはわかりません。発達障害児にとって、いつもと違う災害時は大変なストレスになります。何が辛いのか、我が家の子どもたちの実例とともに紹介します。

自閉症スペクトラム(アスペルガー)最新コラム

 

嘘がつけない自閉症スペクトラム障害の特性を持つ子どもに教えたい3種類の嘘

 
自閉スペクトラム症の子どもを育てている親御さんに読んでほしい今回の記事は、「心の理論」を軸にした嘘の使い方、コミュニケーションスキル、もしもの時の身の守り方の提案です。友達関係で苦労している時、知らない人から声をかけられた時など、具体的な事例と対策を紹介します。

期待の新薬!自閉症スペクトラムの特性による困りごとを改善するオキシトシン点鼻薬についてまとめました!

 
自閉症スペクトラム障害の深刻な特性による困りごと「コミュニケーション障害」を改善する新薬、「オキシトシン」の開発が進行中。発売が待たれるオキシトシンの効果や研究について紹介します。

【ペップトーク】って何??発達障害の子どもに叱らない子育てを!

 
ひとつの事ができるようになるまで多くの努力が必要な発達障害児こそ、「努力を認めて褒める育児」が合います。アスリートの全力を引き出すためにコーチは叱咤激励の激励を重視したペップトークを実践しますが、今回はその「ペップトーク」について説明します。叱咤ではなく激励の子育てをすることで、親も子も前向きになれますよ。

自閉症スペクトラムの特性を持つ子の癇癪(かんしゃく)への【正しい対処法】とは?

 
自閉症スペクトラムの特性を持つ子の「かんしゃく」。希望が通らなかった時に泣き叫んだり暴れたりなど、本人や他の人に被害が及ぶかんしゃくもあります。かんしゃくは対処法を誤ると深刻なトラブルに発展するため、幼いうちから正しい対処法が欠かせません。このページでは自閉症スペクトラムの特性を持つ子のかんしゃくへの【正しい対処法】を紹介しています。

【大人の自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)】生活を改善していくための4つのヒント

 
自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)は先天性の発達障害です。治すことはできませんが、工夫次第で生活や人間関係を改善していくことは決して不可能ではありません。ここでは大人の自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)の人に向け、生活を改善していくためのヒントを紹介していきます。

保護者の方に伝えたいこと 最新コラム

 

著名人の発達障害がテレビ番組で取り上げられることの注意点と我が子との向き合い方

 
発達障害啓発のためにNHKが放送した”発達障害って何だろうスペシャル”。それらの番組で著名人の当事者が発信することから受けた印象と、世間の受け止め方、また、発達障害を持つご自身の子どもとの向き合い方について。

必見!子どもが発達障害と診断されたら申請できる【助成金】について

 
子どもが発達障害と診断されたら、特別児童扶養手当の申請ができます。特別児童扶養手当とは何か、申請方法とその流れについて伝えます。さらに子どもの成人に向けての準備まで、このページですべてがわかります。

災害はヒトゴトでは無い!経験してわかった非常時のためにあるとよいこと、もの

 
昨今、激甚災害に指定される災害が全国各地で起こっています。誰もがいつ災害に見舞われるかはわかりません。発達障害児にとって、いつもと違う災害時は大変なストレスになります。何が辛いのか、我が家の子どもたちの実例とともに紹介します。

【ADHD】子どもを伸ばすための3つの対応~社会で活躍できる大人になるために~

 
ADHDの特性を持つ子は「親を困らせてやろう」とは決して考えていません。問題行動はその子からのSOS。そうとらえて適切な対応を心がければ、本来持っている力を発揮できるようになります。今回はADHDの特性を持つ子どものための適切な対応についてまとめています。

発達障害がある子どもを通常学級に入れる際のポイント7選

 
発達に遅れや障害があっても軽度であれば「通常学級で過ごせるのではないか?」と期待するのは当然です。特性を持つ子が通常学級に入る時には必要になるサポートを正確に把握すると同時に、学校の支援体制や環境などを確認しておきましょう。