top

ADHD(注意欠如・多動症)最新コラム

 

ADHDの子どもにおすすめの学習環境とは?

 
ADHDの子どもは得意・不得意の差は大きいですが、知的障害を伴わない場合は勉強ができないわけではありません。このページでは、ADHDの子どもの学習態度でよくみられるケースを紹介し、ケースごとにおすすめの学習環境を公開しています。

【ADHD】具体的な特徴と当事者が抱える苦悩

 
「注意欠陥障害」や「多動性・衝動性」など様々な種類に分けられる【発達障害】について、実際にADHDを持っている筆者自身のこと、今までに筆者と両親が乗り越えることができたことをまとめた記事。

【ADHD】子どもの年代別に見る特性ととるべき対応とは?

 
「ADHDかもしれない…」もし、お子さんを見ていて、そのような考えが浮かんできたらどうすればいいのでしょうか?成長の個人差なのか、それともADHDなのか?この判断はとても難しいものです。今回はADHDの疑いがある場合、どのような点に注意すべきなのか?どのような対応をとるべきなのか?について紹介させていただきます。

同僚が発達障害?困った時はこう対処しよう!6つの実例と解決法

 
職場に発達障害の同僚がいて、「彼らの言動が理解できず困っている」「コミュニケーションがうまくとれず悩んでいる」という人はいませんか? 発達障害者の言動は、はたから見ると傍若無人な振る舞いに見えるかもしれません。 発達障害に関する...

ADHDのワーママに育てられた私が思う「ADHDの人に合う仕事、避けたほうが良い仕事」とは

 
今現在、ADHDの特性を持つあなたが「毎日毎日怒られてばかりいる」「私は仕事のできない人間かもしれない」「何をやってもダメ」と思っているとしたら、それはあなたが仕事の出来ない人間だからではなく、「自分の持つ特性に合った仕事に就いていないから...

発達障害 最新コラム

 

発達障害について必要な理解と受け入れるための準備と各手帳の必要性について

 
自分や子どもが発達障害であると診断された場合、どうすればいいのでしょうか? また、発達障害の特性が見られた場合に取れる行動とは? 自閉症スペクトラム障害に現在も苦しんでいる筆者が、体験談から対策と心構えについてお話をします。 ...

育て方が原因じゃない!「発達障害ってどのようなもの?」について詳しく解説します!

 
「うちの子、何だか他のみんなと違うのでは?」そう思った時、可能性の一つとして考えられるのが発達障害です。このページでは、次の3つに分類される発達障害について説明しています。・自閉症スペクトラム・ADHD(注意欠陥多動性障害)・LD(学習障害)

【年代別の遊びと学び】家庭内で簡単にできる発達障害の療育とは?

 
「療育」とは、発達障害の異なる特性や個性を見極めながら、子どもたちが負担を感じることなく生活環境に適応できるよう導くためのもの。 そのため、「療育は療育施設の指導員などのプロフェッショナルしか行えない」と思っている人も多いのではないで...

発達障害児が失敗や間違いを怖がる原因と7つの対策

 
「分からない」、「できない」と言ってチャレンジを拒むことは、発達障害児が抱える困り感のひとつです。 このとき、子どもの心は苦しい葛藤や不安でいっぱいです。 本人もどうしたらよいか分からず困っているこの問題を解決していくには、今回...

【発達障害児の子育て】本人に発達障害であることを告知するときに注意したいポイント

 
発達障害児を育てるうえで挙がってくる問題のひとつに、「本人に発達障害であることを告知するタイミング」というものがあります。 今はまだ幼い我が子が、自分が発達障害であることを知らないまま、近い将来、周りの子たちと自分とを比較して「自分は...

自閉症スペクトラム(アスペルガー)最新コラム

 

アスペルガー症候群の家庭や学校での生活|トラブルや悩みの対処法

 
お子さんがアスペルガー症候群と診断され、不安に思っている親御さんへ。 今回は、早期診断と病院で子どもに合った対処法を教えてもらうことの重要性を体験談とともに詳しく書きました。 娘の特性が気になりだした時期や学校の対応で困惑したこ...

発達障害児と健常児の子育てに悩む親御さんへ~アスペルガー症候群の弟と過ごした小学生時代~

 
発達障害のあるお子さんの子育てで、大変な毎日を送っている親御さんは多いかと思います。 しかし、発達障害のあるお子さんに手いっぱいになりすぎていて、健常児である息子さん・娘さんのことを後回しにしがちではありませんか? 筆者である私...

【自閉症スペクトラム】自己肯定感・自己効力感をあげるために【養い方/育て方】

 
自閉症スペクトラムをはじめとする、発達障害のある人にとって、自己肯定感や自己効力感をあげることは、人生を豊かにするうえでとても大切なことです。 また、発達障害児(者)の精神面での対症療法として、自己肯定感や自己効力感をあげることは効果...

期待の新薬!自閉スペクトラム症の症状を改善するオキシトシン点鼻薬についてまとめました!

 
「視線が合わない」「呼びかけてもこたえない」「人のはなしに共感することができない」といった具合に、自閉スペクトラム症の人は他人とのコミュニケーションを不得意とするため、そういったことに悩んでいる人が大勢います。 自閉スペクトラム症の症...

【ペップトーク】って何??発達障害の子どもに叱らない子育てを!

 
叱らない育児を実践しようとした親御さんは多いと思います。 しかし、挫折している人も多いのではないでしょうか? これは叱らないでどう育てるのか分からないからだと思います。  :idea: 「叱らないのではなく、叱咤激励の激励をメイン...

保護者の方に伝えたいこと 最新コラム

 

ADHDのことを知れば親も子どもも楽になる

 
ADHDと診断された子どもの親に必要なことは何でしょうか。次の5つに分けて解説します。「ADHDについて理解し、親だけで抱え込まないようにする」「先回りして準備しておく」「皆と違ってもいいと受け入れてあげる」「一緒にトライする」「出来る事を一つひとつ見つけていく」

発達障害児を育てる私が大切にしているたったひとつのこと

 
私の娘は小2で「自閉スペクトラム症」と診断を受けました。2歳の時に発達障害の不安を感じてから、診断を受けるまでに私がしてきた「家庭での療育」のことなど、ポジティブに娘と向き合うために大切にしてきたことをお伝えします。

私が発達障害を持つ人々から教わったこと

 
発達障害については、まだまだ分からないことも多く、本やネットに書かれている情報に踊らされ、私達は、間違った接し方をすることが多くあります。このサイトでは、発達障害との出会いを詳しくお伝えしています。

育て方が原因じゃない!「発達障害ってどのようなもの?」について詳しく解説します!

 
「うちの子、何だか他のみんなと違うのでは?」そう思った時、可能性の一つとして考えられるのが発達障害です。このページでは、次の3つに分類される発達障害について説明しています。・自閉症スペクトラム・ADHD(注意欠陥多動性障害)・LD(学習障害)

だからどうした!娘がADHDと診断された後、不安と葛藤から抜け出せた理由

 
私の娘が小さい頃から先生に言われて来た事を、自分で勉強し解明しました。苦悩の日々の中、ADHDの勉強をして強く思う事、そして変わった世界観を紹介しています。