発達障害

発達障害について必要な理解と受け入れるための準備と各手帳の必要性について

 
自分や子どもが発達障害であると診断された場合、どうすればいいのでしょうか? また、発達障害の特性が見られた場合に取れる行動とは? 自閉症スペクトラム障害に現在も苦しんでいる筆者が、体験談から対策と心構えについてお話をします。 ...

育て方が原因じゃない!「発達障害ってどのようなもの?」について詳しく解説します!

 
「うちの子、何だか他のみんなと違うのでは?」そう思った時、可能性の一つとして考えられるのが発達障害です。このページでは、次の3つに分類される発達障害について説明しています。・自閉症スペクトラム・ADHD(注意欠陥多動性障害)・LD(学習障害)

【年代別の遊びと学び】家庭内で簡単にできる発達障害の療育とは?

 
「療育」とは、発達障害の異なる特性や個性を見極めながら、子どもたちが負担を感じることなく生活環境に適応できるよう導くためのもの。 そのため、「療育は療育施設の指導員などのプロフェッショナルしか行えない」と思っている人も多いのではないで...

発達障害児が失敗や間違いを怖がる原因と7つの対策

 
「分からない」、「できない」と言ってチャレンジを拒むことは、発達障害児が抱える困り感のひとつです。 このとき、子どもの心は苦しい葛藤や不安でいっぱいです。 本人もどうしたらよいか分からず困っているこの問題を解決していくには、今回...

【発達障害児の子育て】本人に発達障害であることを告知するときに注意したいポイント

 
発達障害児を育てるうえで挙がってくる問題のひとつに、「本人に発達障害であることを告知するタイミング」というものがあります。 今はまだ幼い我が子が、自分が発達障害であることを知らないまま、近い将来、周りの子たちと自分とを比較して「自分は...

発達障害でも習い事をさせたい!趣味を見つけるには?おもちゃも紹介

 
我が家の発達障害グレーゾーンの5歳児は習い事が大好きです。 もちろん、初めはついていけるのか不安で、恐る恐る始めました。 しかし、たくさんの成功体験を積むことができたおかげでとても楽しく通っています。 習い事が成功した理由...

【療育】手先や動きに不器用さのある発達障害児のサポート【体験談有】

 
入園や入学の慌ただしい時期を過ぎた後の個人懇談で、幼稚園や学校側からすすめられたことをきっかけに【療育】という言葉を知る人も少なくありません。 【療育】とは、障害をもつ子どもの発達を促し、社会的な自立を目指す医療と保育(教育)のことを...

就活・リストラ・転職…発達障害のきょうだいが唯一できること

 
発達障害のあるきょうだい、家族がいる人にとっては、発達障害者当人の就職活動はひとつの悩みの種ですね。 特別支援学校を卒業したからといって就活が簡単になるわけでもなく、運良く作業所や就職先を見つけても、職場の人とトラブルになり、泣く泣く...

診断なしで就学後に療育スタート!決断のきっかけとメリットとは

 
発達障害の診断名なし、そして小学生からでも療育や支援は受けられます。 療育を受けるかどうか迷われている場合や、どのように施設を探せばよいか分からないと悩んでいる場合、まずは、もっと気軽に地域の関連機関との繋がりをつくってみましょう。 ...

発達障害児の学ぶ力を大きく伸ばす、学校での個別の指導と家庭での個別指導

 
親御さんなら、「発達障害があっても、学校に適応して、授業にもついていけるように頑張ってほしい」または、「障害を理解して、無理をさせないで、毎日楽しい学校生活を送らせてあげたい」と思っておられることでしょう。 子ども達は、そんな親御さん...