保護者の皆様に伝えたいこと

ADHDのことを知れば親も子どもも楽になる

 
ADHDと診断された子どもの親に必要なことは何でしょうか。次の5つに分けて解説します。「ADHDについて理解し、親だけで抱え込まないようにする」「先回りして準備しておく」「皆と違ってもいいと受け入れてあげる」「一緒にトライする」「出来る事を一つひとつ見つけていく」

発達障害児を育てる私が大切にしているたったひとつのこと

 
私の娘は小2で「自閉スペクトラム症」と診断を受けました。2歳の時に発達障害の不安を感じてから、診断を受けるまでに私がしてきた「家庭での療育」のことなど、ポジティブに娘と向き合うために大切にしてきたことをお伝えします。

私が発達障害を持つ人々から教わったこと

 
発達障害については、まだまだ分からないことも多く、本やネットに書かれている情報に踊らされ、私達は、間違った接し方をすることが多くあります。このサイトでは、発達障害との出会いを詳しくお伝えしています。

育て方が原因じゃない!「発達障害ってどのようなもの?」について詳しく解説します!

 
「うちの子、何だか他のみんなと違うのでは?」そう思った時、可能性の一つとして考えられるのが発達障害です。このページでは、次の3つに分類される発達障害について説明しています。・自閉症スペクトラム・ADHD(注意欠陥多動性障害)・LD(学習障害)

だからどうした!娘がADHDと診断された後、不安と葛藤から抜け出せた理由

 
私の娘が小さい頃から先生に言われて来た事を、自分で勉強し解明しました。苦悩の日々の中、ADHDの勉強をして強く思う事、そして変わった世界観を紹介しています。

発達障害があるお子さんのことで悩んでいる親御さんに読んでもらいたいこと

 
【じっとしていられない】【すぐに手が出る】といった特性があり、周りと馴染めない我が子。 「うちの子は他の子とちょっと違う……」と感じながらも、誰にも相談できず苦しんでいる親御さんたちへ。 発達障害のあるお子さんのことで悩んでいる...

子どもが発達障害かもしれないと思った時にすべき5つのこと

 
「うちの子はADHD?発達障害かも?」と思った時にすべきことを、我が子がADHDの診断に至るまでに苦悩した経験を踏まえてお伝えします。

【年代別の遊びと学び】家庭内で簡単にできる発達障害の療育とは?

 
「療育」とは、発達障害の異なる特性や個性を見極めながら、子どもたちが負担を感じることなく生活環境に適応できるよう導くためのもの。 そのため、「療育は療育施設の指導員などのプロフェッショナルしか行えない」と思っている人も多いのではないで...

発達障害児が失敗や間違いを怖がる原因と7つの対策

 
「分からない」、「できない」と言ってチャレンジを拒むことは、発達障害児が抱える困り感のひとつです。 このとき、子どもの心は苦しい葛藤や不安でいっぱいです。 本人もどうしたらよいか分からず困っているこの問題を解決していくには、今回...

【体験談有】自分と発達障害のある子どもを守るための「理解者探し」について

 
お子さんに発達障害の診断がおりたとき、どのように感じましたか? 「やっぱりそうなんだ、育て方が悪かったのではないのだ」といった”少しほっとした気持ち”とともに、「これから、どうしたらいいんだろう?」「我が子は自立した大人になれるだろう...