発達障害とは?


発達障害とは、生まれながら脳機能の発達に偏りが見られる障がいのことです。

※発達障害者支援法にて、発達障害とは「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、その他これに類する脳機能障害であってその症状が通常低年齢において発現するもの」(発達障害者支援法における定義 第二条より)と定義されています。

発達障害は生まれつきの「特性」であるため、病気とは異なります。

発達障害とはいくつかのタイプに分かれ、「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」「自閉症スペクトラム(ASD)」「学習障害(LD)」などがありますが、いずれも特性の現れかたや程度には個人差があります。

また、同時にいくつもの特性を有する場合もあり、各個人の抱える悩みや困りごとも様々。

それぞれの「特性」を詳しく理解し、受容することで、発達障害者当人や家族が「自分たちらしい生き方」を見つけることが可能になると考えています。

発達障害


▼ ADHD▼ 自閉症スペクトラム▼ 学習障害(LD)▼ 運動障害(MD)

▼ ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは

ADHDは脳に原因がある障害(発達障害)であり、直接的な原因はまだ判明していませんが、脳の神経伝達物質に問題があるということが分かっています。

一般的には、次の3つの行動のうち2つ以上当てはまるとADHDの可能性があるとされています。

  • 不注意(集中力がない、忘れっぽい)
  • 多動性(じっとできない、落ち着きがない)
  • 衝動性(考えないまま行動する)

詳しくは、下記のページをご覧ください。

「怒ってばかりでもう疲れた」…大丈夫!対処法を教えます~ADHDを持つ子どもの子育て方法~

ADHDの子どもを育てる上で起こりうる困難と、その対処法について詳しくご紹介。「もうどうしたらいいかわからない」……そんなときに、ぜひこちらを参考にしてみてください。

【発達障害児の子育て】兄弟でもこんなに違う!診断名や解説書籍に惑わされないで【体験談有】

ADHDと診断されたふたりの子どもを育てる筆者。「同じ診断でもそれぞれ違うところがある」ことを体験談をもとにご紹介。「他のご家庭はどんな感じなのだろう?」「ADHDの診断を受けたきょうだいを育てる親御さんの体験談が読みたい」と思っている人、必見です!

子どもがADHDと診断された!親が最初に考えるべきこととは?

ADHDという障害と向き合っていく時に必要な心掛けや考え方をご紹介。「子どもにADHDの診断がついたが、どう向き合ったらいいかわからない」という人へ。こちらの記事に役立つヒントがたくさん書かれています。

我が子がADHDと診断された!親御さんに「してほしいこと」まとめ

どのようにサポートをすればお子さんがスクスクと成長するのか、すぐにでも「してほしいこと」をご紹介。具体例も交え、詳しく紹介しています。「何をしたらいいかわからない!」という場合は、まずこちらをご覧くださいね。

「もしかしてADHDかも?」ADHD診断前にできる【4つの対応】とは?

「ADHDの特性とはどういうものか?」「ADHD診断を受けるまでにできることは何か?」についてまとめた記事。診断前の具体的な対応について、また、診断されたときの備えかた、薬物療法についても詳しくまとめています。「診断前にできることは何か?」を知りたい人に特におすすめの記事です。

▼ 自閉症スペクトラム(アスペルガー)とは

自閉症スペクトラム(ASD)は、自閉症に関連する障害の総称のことであり、自閉症、アスペルガー症候群、そのほかの広汎性発達障害が含まれます。

自閉症スペクトラムによく見られる特性は下記の通り。

  • 人と関わることやコミュニケーションが苦手
  • 興味のあるものに対して強いこだわりを持つ
  • 感覚がアンバランスである
  • 言葉の遅れがある など

詳しくは、下記のページをご覧ください。

自閉症スペクトラム(ASD)特徴や二次障害を防ぐためのポイントまとめ

ASDの症状の特性から二次障害についてまで分かりやすくまとめた記事。「自閉症スペクトラム(ASD)って何?」「どういう特性があるの?」「二次障害って?」など、詳しく知りたい人におすすめの記事です。

自閉症スペクトラム(ASD)の特徴と療育

ASDの特徴や必要なサポート、効果が望める療育についてご紹介。ASDについての詳細な説明のほか、療育についても知りたい人必見の記事です。

大人の発達障害と上手く付き合うための対処法

大人と子どもの発達障害の違いや、大人になってから診断を受けた場合にどのように対処するのがベストなのかをご紹介。「仕事をスムーズに進めるためには」など、大人ならではの困りごとへの対策法が書かれています。

【大人の自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群)】生活を改善していくための4つのヒント

役立つヒントや、誰でも気軽に試せる対応策をご紹介。「生活リズムの整え方」「身だしなみについて」「人との距離感について」など、すぐに実践できる内容が盛りだくさん!

▼ 学習障害(LD)とは

文部科学省によると、学習障害(LD)は「知的な発達の遅れはないものの、聞く、話す、読む、書く、計算する、推論する能力のうち特定のものに困難を示すもの」とされています。

学習障害(LD)によく見られる特性は下記の通り。

  • 読むことが苦手
  • 書くことが苦手
  • 聞くこと、話すことが苦手
  • 計算・推論が苦手 など

LDの場合、知的障害と異なるため苦手なもの以外の学習能力は平均以上の場合が多く、「努力が足りない」「なまけている」という評価を受けることがよくあり、本人がつらい思いをすることがたびたびあります。

▼ 運動障害(MD)とは

極端な不器用さやチックがみられるために、学習や日常生活に大きな影響を及ぼしてしまいます。

運動障害(MD)によく見られる特性は下記の通り。

  • 非常に不器用である(ボタンをうまくかけることができない、靴紐が結べない、など)
  • 同じ運動をいつまでも続けている
  • 運動性チック、音声チックがみられる など

ADHDや学習障害(LD)を併発している場合は少なくありません。