コラム

著名人の発達障害がテレビ番組で取り上げられることの注意点と我が子との向き合い方

 
発達障害啓発のためにNHKが放送した”発達障害って何だろうスペシャル”。それらの番組で著名人の当事者が発信することから受けた印象と、世間の受け止め方、また、発達障害を持つご自身の子どもとの向き合い方について。

嘘がつけない自閉症スペクトラム障害の特性を持つ子どもに教えたい3種類の嘘

 
自閉スペクトラム症の子どもを育てている親御さんに読んでほしい今回の記事は、「心の理論」を軸にした嘘の使い方、コミュニケーションスキル、もしもの時の身の守り方の提案です。友達関係で苦労している時、知らない人から声をかけられた時など、具体的な事例と対策を紹介します。

【発達障害】精神障害者保健福祉手帳の等級が下がって困ったこと・療育手帳を取得せず後悔したこと

 
精神障害者保健福祉手帳のメリット、障害者手帳の障害等級が下がった体験談、精神障害者保健福祉手帳と療育手帳の違いなどについて、発達障害当事者視点でお伝えしています。手帳保持者が利用できる福祉サービスや割引事項にも触れています。(2018年12月時点)

療育手帳の判定は変えられる!幼児期に必須の3つの選択とは?

 
「もしも子どもに障害があったら」と思うと専門病院での受診は迷うもの。でも、子どもの成長の可能性は、親御さんの勇気次第で変わります。ここでは療育手帳の取得から療育・保育施設の選択に至るまで、「自閉症」の診断を受けた体験談を通してお話しします。

【高機能広汎性発達障害】子どもの精神障害者保健福祉手帳取得と心構え

 
発達障害児の精神障害福祉手帳申請を考えていらっしゃる親御さんへ。今回の記事では、発達障害による手帳の必要性や取得までの手順、手帳を持つことに対する心配や不安への対応方法など経験談を交えてお伝えします。精神障害福祉手帳取得の参考になれば幸いです。

【体験談有】発達障害の夫の向いている仕事とは?

 
このページでは、ADHDの人に向いている仕事についてまとめています。私の夫は野球のコーチ、一般企業の事務、工場の勤務などを経験しています。旦那を長年見てきた妻として感じる向き不向きを紹介します。

【体験談有】配偶者のADHDとどう向き合うのか

 
「もしかしたら、配偶者がADHDかもしれない」と感じても、決定的なことは分からない。分かっても対処の仕方に困る。大人で、しかも配偶者ですから、安易に医者に行けとも言えませんよね。そんなときどうしたらよいのかを記事にしました。是非参考にしてください。

発達障害・グレーゾーンではないけど「発達が遅い、成長が遅い」と言われた時の対処法

 
子どもの成長が遅いと不安になって専門機関に相談したけれど、発達障害にもグレーゾーンにもあてはまらない!この記事では、親御さんが次にどのような行動をとるべきなのか、何を信じ、お子さんとどう接してゆけばよいのかを紹介しています。

必見!子どもが発達障害と診断されたら申請できる【助成金】について

 
子どもが発達障害と診断されたら、特別児童扶養手当の申請ができます。特別児童扶養手当とは何か、申請方法とその流れについて伝えます。さらに子どもの成人に向けての準備まで、このページですべてがわかります。

【体験談有】ADHDの母に育てられて。

 
この記事では、実際にADHDと診断された母に育てられた筆者が、幼少期、青年期を思い出し、大変だったこと傷ついたこと、それでも大人になって「大変だったけど、ADHDの母が、私の母でよかった」と思うに至った経緯を書き連ねています。