ADHD(注意欠如・多動症)

【ADHD】子どもを伸ばすための3つの対応~社会で活躍できる大人になるために~

 
ADHDの特性を持つ子は「親を困らせてやろう」とは決して考えていません。問題行動はその子からのSOS。そうとらえて適切な対応を心がければ、本来持っている力を発揮できるようになります。今回はADHDの特性を持つ子どものための適切な対応についてまとめています。

今すぐできる!「大人のADHD」職場でのトラブル例とその対処法【5つ】

 
ADHDの特性である不注意、多動性、衝動性のために、ケアレスミスが多い・物を失くす・頼まれた仕事を忘れるなど、職場で困っていることはありませんか?ここでは、大人のADHDの人が仕事で悩んだ時にどうすればいいか、そのヒントを紹介したいと思います。

ADHDの特性を持つ子どもの治療法~薬による治療&療育・教育的な支援~

 
ADHDと診断された子どもはどのような治療を受けるのでしょうか。そもそもどういった目的で治療を行うのでしょうか。ADHDの子どもにみられる「不注意、多動性、衝動性」という特性を完全に治すことはできません。特性を抱えながらも日常生活を送りやすくすること、「自分はどうせできない」という自尊心の低下からうつや適応障害などの二次的な障害を予防することが大切となります。ADHDの特性を持つ子どもの治療について詳しくみていきましょう。

ADHDの子どもには運動が効果的!おすすめの【6つの運動】とは?

 
ADHDの特性を持つ子どもたちは不注意、多動性、衝動性などの特性から、しばしば家庭生活や学校生活を送る上で壁にぶち当たり、つらい思いをしているケースが多くみられます。生活しづらくなるような特性の背景には、脳の機能障害が関係していると言われています。運動を行うことは、脳の活性化を図り、ADHDの特性にも良い効果があることが期待されています。ADHDの子どもと運動の関係性についてみていきましょう。

子どもがADHDと診断された!親が最初に考えるべきこととは?

 
子どもがADHDと診断されたら、どのように向き合っていけばいいのでしょうか?診断された時は何も考えられないでしょう。しかし、いつまでも塞ぎ込んではいられません。ADHDという障害と向き合っていく時に必要な心掛けや考え方を紹介いたします。

【仕事をしているADHDの大人必見】職場でのお悩み実例とその解決方法

 
仕事のやりづらさ、職場での居心地の悪さを感じたことがきっかけで、自分がADHDかもしれないと思った人も多いかもしれません。ADHDの特性を持つ大人が仕事で直面しやすいお悩みの実例とその解決策を説明していきます。

「怒ってばかりでもう疲れた」…大丈夫!対処法を教えます~ADHDを持つ子どもの子育て方法~

 
ADHDの子どもを育てていると、毎日大変なことばかりの連続ですよね。しかし、考え方や接し方を変えてみると意外とうまくいくことがあります。このページでは、ADHDの子どもを育てる上で起こりうる困難と、その対処法について詳しく紹介しています。

「息子の命を守りたい」~私がADHDの息子に薬を使い始めたきっかけ

 
ADHDの特性を持つ中学生の息子に「薬を使うようになったきっかけ」や「薬の使い方」など私の体験をお話します。ADHDの治療に薬を使うかどうか悩んでいる保護者の皆さんの参考になれば幸いです。

「もしかしてADHDかも?」ADHD診断前にできる【4つの対応】とは?

 
お子さんにADHDの疑いを持ったら、まずはADHDの特性についての知識をたくさん身につけ、診断を視野に入れた対応を取っていきましょう。ではその対応とは?今回は、病院を受診する前にできる【4つの対応】についてまとめました。

具体例でわかるADHDの子どもへの適切な対応

 
ADHDの特性を持つ子どもに対して、健常児と同じように叱っても状況は改善しません。それはADHDが脳の機能障害が引き起こすものだからです。ではどうするべきか?今回はその解決策となるADHDの特性を持つ子どもへの適切な対応について紹介します。