ADHD(注意欠如・多動症)

ADHDの子どもにおすすめの学習環境とは?

 
ADHDの子どもは得意・不得意の差は大きいですが、知的障害を伴わない場合は勉強ができないわけではありません。このページでは、ADHDの子どもの学習態度でよくみられるケースを紹介し、ケースごとにおすすめの学習環境を公開しています。

【ADHD】具体的な特徴と当事者が抱える苦悩

 
「注意欠陥障害」や「多動性・衝動性」など様々な種類に分けられる【発達障害】について、実際にADHDを持っている筆者自身のこと、今までに筆者と両親が乗り越えることができたことをまとめた記事。

【ADHD】子どもの年代別に見る特性ととるべき対応とは?

 
「ADHDかもしれない…」もし、お子さんを見ていて、そのような考えが浮かんできたらどうすればいいのでしょうか?成長の個人差なのか、それともADHDなのか?この判断はとても難しいものです。今回はADHDの疑いがある場合、どのような点に注意すべきなのか?どのような対応をとるべきなのか?について紹介させていただきます。

同僚が発達障害?困った時はこう対処しよう!6つの実例と解決法

 
職場に発達障害の同僚がいて、「彼らの言動が理解できず困っている」「コミュニケーションがうまくとれず悩んでいる」という人はいませんか? 発達障害者の言動は、はたから見ると傍若無人な振る舞いに見えるかもしれません。 発達障害に関する...

ADHDのワーママに育てられた私が思う「ADHDの人に合う仕事、避けたほうが良い仕事」とは

 
今現在、ADHDの特性を持つあなたが「毎日毎日怒られてばかりいる」「私は仕事のできない人間かもしれない」「何をやってもダメ」と思っているとしたら、それはあなたが仕事の出来ない人間だからではなく、「自分の持つ特性に合った仕事に就いていないから...

【体験談有】発達障害の夫の向いている仕事とは?

 
あなたのご主人はどんな仕事をしていますか? また、その仕事はご主人に向いていると思いますか? 日本では、専門性よりもコミュニケーション能力や様々なことをまんべんなくこなす能力を求められることも多いです。 それは発達障害者に...

【体験談有】配偶者のADHDとどう向き合うのか

 
「妻はADHDかもしれない」と思っても、「どうも教科書的なADHDの姿とは違う」……そんな場合にどんなふうに対応したらよいか等、妻がADHDである私の体験談を交え、ご紹介いたします。 一般論では語れない『ウチの妻』『ウチの夫』とのつき...

【体験談有】ADHDの母に育てられて。

 
私が伝えたいことはひとつ……、もしもあなたが発達障害者であっても当事者の家族であっても、『そこに愛があれば、相手を思いやる気持ちがあれば、必ず伝わる、傷ついてきた心も癒える』ということです。 そして、ADHDという特性を持っているから...

【ADHDの子どもの暴力・暴言】困った行動への対処法【具体例有】

 
「すぐにカッとなる」「気に入らないことがあると暴れる」「友だちに手を出す」「親や先生に暴言を吐く」「モノを投げる」……そんな子どもの行動に悩んでいませんか? なかなか言うことを聞かないわが子を、ついつい厳しく叱ってしまって、あとから...

【ADHDであることのメリット】無限大の可能性!~ハンディを武器に~

 
ADHDに悩む人が困り感や苦悩をより深刻に感じるのは、社会に出て仕事をするようになってから、というケースがしばしばあります。 学生時代は集団生活の中とはいえ、 「周りの人より少し変わっているだけ」 「他人より不器用なだけ」と、大き...