ADHD(注意欠如・多動症)

ADHDの特性を持つ子どもの治療法~薬による治療&療育・教育的な支援~

 
ADHDと診断された子どもはどのような治療を受けるのでしょうか。そもそもどういった目的で治療を行うのでしょうか。ADHDの子どもにみられる「不注意、多動性、衝動性」という特性を完全に治すことはできません。特性を抱えながらも日常生活を送りやすくすること、「自分はどうせできない」という自尊心の低下からうつや適応障害などの二次的な障害を予防することが大切となります。ADHDの特性を持つ子どもの治療について詳しくみていきましょう。

「息子の命を守りたい」~私がADHDの息子に薬を使い始めたきっかけ

 
ADHDの特性を持つ中学生の息子に「薬を使うようになったきっかけ」や「薬の使い方」など私の体験をお話します。ADHDの治療に薬を使うかどうか悩んでいる保護者の皆さんの参考になれば幸いです。

「もしかしてADHDかも?」ADHD診断前にできる【4つの対応】とは?

 
お子さんにADHDの疑いを持ったら、まずはADHDの特性についての知識をたくさん身につけ、診断を視野に入れた対応を取っていきましょう。ではその対応とは?今回は、病院を受診する前にできる【4つの対応】についてまとめました。

【ADHDの子どもの暴力・暴言】困った行動への対処法【具体例有】

 
ADHDの子どもの暴力・暴言など、親御さんが頭を悩ませるそんな行動の背景にある、子どもの「困り感」を解説。親も子もみんながハッピーに暮らしていくために、親はどんなことに気をつけてサポートすればいいのか、今すぐできる対処法を紹介します!

具体例でわかるADHDの子どもへの適切な対応

 
ADHDの特性を持つ子どもに対して、健常児と同じように叱っても状況は改善しません。それはADHDが脳の機能障害が引き起こすものだからです。ではどうするべきか?今回はその解決策となるADHDの特性を持つ子どもへの適切な対応について紹介します。

ADHDは個性!生き甲斐を見出すためのポイント~ADHDである妹の実体験を聞いて~

 
ADHDと診断された皆様へ!障害の特性をしっかり理解し適切な環境と職種を選べば、人生が格段に充実します。またADHDの特性をうまく活かすことで、社会で大きく成功することも可能です。今回はADHDの特性による困りごとの乗り越え方をテーマに、ADHDと診断された私の妹の体験談を交え説明をします。

我が子がADHDと診断された!親御さんに「してほしいこと」まとめ

 
幸せに生まれてきて、さあこれから育児に追われるという矢先に、突然知らされる我が子のADHD。何も心構えができていないお父さん・お母さんは自分たちを責めてしまうことが多いのです。しかしADHDのお子さんにとって、親御さんのサポートは絶対に必要なことでもあります。どのようにサポートをすればお子さんがスクスクと成長するのか、すぐにでもしてほしいことをご紹介しましょう。

ADHDの子どもが苦手とする「朝の支度」を習慣化するための【3つの方法】

 
ADHDの子を育てる親御さんたちへ。毎日の家庭での何気ないやりとりにストレスを抱えていることも多いでしょう。「なぜ他の子どもが当たり前にできている朝の準備を、一人で行うことができないのか」と悩んでいるケースもあることでしょう。このページでは、ADHDの子を育てる保護者の体験談とともに、なぜ、朝の準備という当たり前のことが習慣づかないのか、習慣づけるためにどうすべきかを公開しています。

【大人のADHD】仕事をスムーズに進めるための3つの方法

 
ADHDの特性を持つ大人が仕事をするとき、特性からくるトラブルがつきものですね。自分の苦手なことを認識し、対策を立てておくことで上手く対応できます。ぜひ参考にしてくださいね。

一人で悩まないで~子どもがADHDかもと思ったら~

 
最近、ADHD等の発達障害の特性が見られる子どもの子育て方法が話題となっています。しかし、話題にはあがるものの具体的にどのような障害なのか、どのように接して子育てをしていけばいいのか分からないという親御さんも多いことでしょう。ここではADHDの特性から治療方法、接し方、家でできることを紹介します。