今すぐできる!「大人のADHD」職場でのトラブル例とその対処法【5つ】

大人 ADHD 仕事

自分では気を付けているつもりでも、ADHDの特性によって何度も同じミスをしてしまったり、書き間違いや聞き間違いをしてしまったりと、職場でトラブルになることはないでしょうか?

「一生懸命やっているし、努力をしているつもりなのに、どうしてもミスをしてしまう。」
「何度も教えてもらっているのに、仕事がなかなか覚えられない。」
「トラブルになった時に、どう対処すればいいのか分からない。」

このような悩みを持つ人も多いと思います。

ミスをするたびに周囲から注意を受けていると、だんだん自己嫌悪に陥り、仕事へ行くのが嫌になってしまう人もいるかもしれません。

ADHDの人が社会で働く場合、周囲の理解と協力がある程度必要になってきますが、実は自分の工夫次第で未然に防げるトラブルもあります。

ここでは、ADHDの人が仕事で直面する様々な悩みを解決するために、【職場で起こりがちなトラブルの種類】、【ミスを減らしていくための工夫】、【困った時の対処法】など、今すぐできる具体的な対応策を紹介していきます。

「これならできそう」と思うものがあったら、ぜひ積極的に試してみてください。

ADHDの特性と起こりやすい問題行動

ADHD(注意欠如・多動性障害)は、「不注意」、「多動性(落ち着きがない)」、「衝動性(よく考えずに行動する)」という3つの特性を持つ発達障害です。

これらの特性により、以下のような問題行動を起こしやすい傾向があります。

集中力が続かない
☑忘れ物が多い
☑飽きっぽい
☑細やかな気配りができない
☑じっとしていることができない
☑順番を待つことが苦手
☑注意散漫で人の話をだまって聞けない
☑人の邪魔をしたり、必要以上に干渉する
☑しゃべり過ぎてしまう
☑約束を守ることができない

社会の中で働くには、人と人との関りが非常に重要になってきます。
ですが、これらADHDの特性は、人と協調して仕事をする上で問題になったり、トラブルを生みやすいものばかりです。

ADHDの3つの特性である「不注意」、「多動性」、「衝動性」から発せられる言葉や行動は、世間の人の目には「自分勝手な行動をする」とか「融通が利かない」などと映ってしまう場合があります。

外見は普通に見えるため、余計にその行動を理解されず、キツい言葉を投げかけられたり、腹を立てられたりしてしまうことも。

こうしたADHD特有の行動や特性は、残念ながら現在の医学では完治させることは不可能だと言われています。

しかし、治すことは不可能でも、自分の特性をよく理解し、それぞれに合った対処法を身に付けることで、自分なりに上手く付き合って行くことができるようになります。

ADHDの人が働くことは可能か?

大人 ADHD 仕事ADHDに限らず、多くの発達障害の人が社会の中で働いています。
ADHDの人が働くことは、もちろん可能です。
ただし、就職先はよく吟味して選ぶことが大切。

発達障害の人を受け入れている会社を探すことがまず基本ですが、それだけではなく、ADHDの特性をよく理解してもらえる環境かどうかを判断することが大切になってきます。

受け入れ実績のある会社なら安心だと思ってしまいがちですが、発達障害の特性は人それぞれです。
相手側に自分の特性をしっかり理解してもらうことが、その後の働きやすさに大きく関わってきます。

就職活動をする時は、自分に向いている仕事や、やりたい仕事を優先して探すことはとても大切ですが、仕事先の理解と協力をどの程度得られるのか、などの職場環境もとても重要な判断基準になります。

安心して働ける環境でないと、長く仕事を続けるのは困難ですよね。

早く就職したいからと、よく吟味せず安易に選んでしまうと、自分に合わない仕事内容や馴染めない環境で苦労することもあります。

まずは自分の適性をよく把握し、受けられるサポートは積極的に利用して、情報を集めたり色々な人と相談しながら就職活動を進めていきましょう。

ADHDでありがちな職場でのトラブル例とその対処法

大人 ADHD 仕事ADHDの特性により、職場でトラブルになることがあります。

ここでは、実際にADHDの人が起こしがちなミスやトラブルの実例を挙げ、その対処法を紹介していきたいと思います。

細かいミスが多い

大人 ADHD 仕事ADHDの人は、特性である「不注意」により、同じようなミスを繰り返してしまうことがあります。
ひとつひとつは小さな凡ミスであっても、あまり頻繁に起こるようだと職場の人に「人の注意を聞かない」、「やる気がない」と思われてしまい、問題視される可能性も。

ADHDの場合、自分では集中しようと頑張っていても、どうしてもミスをしてしまうことが多くなります。
集中力が続かず気が散りやすいため、目の前の仕事がおろそかになってしまうのです。

☝【対処法】☝

不注意はADHDの特性なので、ある程度のミスは仕方ありません。
ミスをすること自体をあまり気に病んでしまうと、自信を失くしてしまい仕事が心理的な負担になってしまいます。
そのため、ADHDの場合はミスを失くそうとするよりも、ミスを前提とした対策を取ることが肝心。

不注意から起こるミスは、「見直しをする」、「誰かにチェックしてもらう」等の対策で、ある程度の予防が可能です。

見直しまでを仕事の一環と捉えてスケジュールを立てるようにしましょう!

また、見直しの際は、可能であれば声を出して読み上げながら確認することで、視覚と聴覚の両方からチェックできるため、ミスを発見しやすくなります。

周囲の協力を得られる場合は、誰か別の人にぜひチェックをお願いしましょう。
他人の目を通すことで、ミスを発見することができ、トラブルを防ぐことができます。

ADHDの人に限らず、人は誰でも小さなミスを起こしやすいものです。

例えば試験を受ける際にも、【問題を解くだけではなく、最後にもう一度見直しをする】というのは誰でも普通にやっていることです。
見直しの最中に間違いに気づくことは、案外多いもの。

試験ならミスをしても自分が被害を被るだけで済みますが、仕事ではそうはいきません。

「見直しをする」、「誰かにチェックしてもらう」のダブルチェックで、ケアレスミスを減らしていきましょう。

仕事が予定通りに終わらない

大人 ADHD 仕事ADHDの人は、時間の感覚にルーズな面があり、先の見通しを立てることが苦手です。
そのため、計画性を持って仕事を進めていくことが難しく、予定通りに仕事が終わらなかったり、決められた期限を守れなかったということが起こりやすくなります。

仕事の予定自体は認識していても、それに至るまでの段取りがうまく立てられないために

☑仕事をギリギリまで放置してしまう
☑仕事の優劣が付けられずに大事なことを後回しにしてトラブルになった

などが起こってしまいます。

これらはADHDの特性である「多動性」が関係していると考えられています。

多動性の特性により、一度にあれやこれやと考えてしまうことが原因で、時間の見込みが甘くなってしまうのです。

ただ、本人は仕事の決めごとを無視しているわけではなく、懸命に仕事に向かっているつもりです。

ADHDの人は器用に物事を進めていくことが難しいため、時には仕事が予定通りに終わらず、人に迷惑をかけてしまうケースも。

このようなことが続くと、職場での信頼を失うことにもなりかねません。

☝【対処法】☝

仕事の予定表を作り、おこなう作業を「視覚化」しましょう。

いつでも予定を確認できるようにしておくこと。
すると、仕事の優先順位や期限を瞬時に把握できるようになり、混乱することなく仕事を進めることが出来ます。

予定表は目の前に貼っておくなど、いつでも見られるようにしておくと良いでしょう。

終わった作業はその都度、【二重線などで消す】、【新しい作業はすぐに書き加える】などして、予定表はいつでも新しい情報にしておくことが重要です。

「あと何日」、「あと何時間」のように残り時間がはっきりと分かれば、仕事の締め切りを実感しやすくなりますね。

また、ADHDの人は予定を先延ばしにする傾向があり、そのせいで結果的に仕事が期限内に終らない…という事態が多くあります。

それを防ぐためにも、予定表を作り、【どの仕事をいつまでに終わらせるのか】を視覚化して、いつでも確認できるようにしておきましょう。

仕事がなかなか覚えられない

大人 ADHD 仕事ADHDの人はもともと忘れっぽいところがあります。
しかし、仕事では多くのことを覚えなくてはいけないため、すぐに忘れてしまうことに苦労している人も多いかと思います。

「仕事の説明を受けた覚えはあるけど、何を言われたのか忘れてしまった」
「やる気はあるのに、どうしても仕事を覚えられない」

このような悩みはありませんか?

何度も同じことを質問して相手に呆れられてしまったり、何とか自力でやってみたら失敗してしまったり。

このように、うまく行かないことが続くとだんだん居たたまれない気持ちになってしまいますよね。

仕事がなかなか覚えられないのは、ADHDの特性のため。
しかし、これもやり方次第で状況を改善していくことは可能です。

☝【対処法】☝

忘れてしまったことを分からないままにしておくと、大きなトラブルに発展してしまう可能性があるため、周囲の人に聞くことを躊躇せず、分からないことは必ず事前に確認しましょう。

しかし、そうそう何度も人に頼るわけにもいきませんよね。
こちら側も、できる範囲で積極的に仕事を身に付けていく努力が必要です。

大切なことは、人に聞かなくても自分の手元ですぐに仕事内容を確認できるようにしておくこと。

それには「メモを取る」ことがもっとも効果的です。

メモを取るときは、以下のように進めていきましょう。

まずはマニュアル等があるかを確認し、もしあればコピーを取って自分用を用意する。

マニュアルの内容をよく読み、その上で説明を受けながらメモを取っていく。

相手の話の全てをメモに取ることは不可能でも、憶えていることは出来る限りメモに書き出す。

マニュアルと自分のメモを合わせ、分かりやすいように情報を整理して仕事の手順を新たに書いていく。(パソコンで作成しても可)

自分で作成した作業の手順とマニュアルをファイルなどに入れておき、いつでも確認できるようにしておく。

新たな疑問が出て来たら、すぐに誰かに質問し、忘れないうちにメモに書き加える。

仕事をする前に、必ずそれらの資料に一度目を通す。

仕事をしていくうちに、こうしたメモやマニュアル類はどんどん増えていくでしょう。

資料がごちゃ混ぜにならないように、作った資料には付箋やラベルを貼るなどして、すぐに必要な資料を探せるようにしておきましょう!

また、仕事は日々変化していくもので、新しい情報が加わったり、やり方が変わったりすることもあります。
その都度、すぐに変更点を資料に反映させ、手持ちの資料にはいつでも最新の情報が載っているようにしましょう。

これらはADHDの人に限らず、誰でもその人なりのやり方で行っていることです。

特に入社したばかりの頃は、覚えることがたくさんあるので大変だと思いますが、こうした作業をひとつひとつ丁寧に行っていくことで、確実に仕事が身に付いて行きます。

手間がかかり面倒ではありますが、仕事を長く続けていくためには必要な努力だと思って、ぜひ前向きに取り組んで行きましょう。

物を失くす・忘れ物が多い

大人 ADHD 仕事ADHDの人は、頭の中に記憶をとどめておくことが苦手なので、物を失くしたり忘れ物をすることが多くなります。

多くの人が普通にしている「必要な事柄にまんべんなく注意を配分すること」が苦手なため、注意が一箇所に集中してしまったり、気を付けてはいても新しい刺激が入ってくるとそちらに意識が向いてしまって、最初に考えていた事を忘れてしまうことがあります。

仕事をする上で、物をなくしたり忘れ物をするというのは、自分が困るだけではなく、周りの人にも迷惑をかけてしまいます。

職場で叱られたり、また自分で自分を責めて精神的な負担を抱えてしまう人もいることでしょう。

これらはADHDの不注意の特性によるものであり、いくら気を付けていても直せずに苦しんでいる人が大勢います。

特性を無くすことは不可能であり、これらのことを完全に防ぐことは難しいですが、事前に十分な準備をして【物を失くす・忘れ物をする】回数を少しでも減らしていくことを目指しましょう。

☝【対処法】☝

物を失くすのも、忘れ物をするのも、対処法は「確認をする」ということに尽きます。

…と言っても、ADHDの人は確認すること自体を忘れてしまうケースもあるので、必ず目に入るようにするなどの工夫が必要です。

例えば、メモや忘れてはいけないものを玄関に置いておけば、出かける時に必ず目に入りますよね。

失くし物や忘れ物を防ぐには、以下のような対応策がありますので、参考にしてみてください。

大切な物、忘れてはいけない物をまとめて、いつも決まった場所に置くようにする。

常にメモを持ち歩いて何かあればすぐにメモを取り、日頃からメモを見ることを習慣にする。特に、出かける前には必ずメモをチェックする。

筆記用具などは、会社に予備を用意しておく。

可能であれば、会社でしか使わないものは家に持ち帰らず、会社に置いておく。

持ち物リストを作成する。

どこかへ移動する際には、ひと呼吸おいて、忘れ物がないか周辺を確認することを習慣にする。

会議・ミーティングが苦手

大人 ADHD 仕事ADHDの「衝動性」によって、会議の進行に関係なく場違いな発言をしてしまったり、集中が出来ずに違うことを考えてしまい、後になって会議の内容が分からない、といった事態が起こります。

しかし、会議やミーティングは事前に準備をしておくことが可能です。

会議の内容に合わない不自然なことを話したり、進行や話している内容が分からなくなったりしないよう、当日までに十分な準備をしておくことをおすすめします。

☝【対処法】☝

会議の資料とは別に、自分用のメモを用意しておきましょう。
会議で発言したい内容や疑問点などがあれば、事前にそのメモに記入しておきます。

☑会議中は人の話を聞くことに集中する
☑途中で疑問が沸いたり意見を言いたくなっても、一旦ひと呼吸おき、その内容をすぐにメモする。
☑意見を求められた時は、そのメモを見ながら発言するようにします。

中には、会議中に話している人の内容が全く頭に入って来ないという人もいるかと思います。
その場合には、もし可能であればICレコーダー等で会話を録音しておくと良いでしょう。
録音しておけば後から何度でも聞き直せますし、聞き取りをしながら文字に起こすこともできます。

ADHDの場合、耳で聞くよりも文書化した方が、頭にスッと入って理解しやすいという人もいるかと思います。

会議で話される内容は、仕事に直結する大切な内容ですから、出来るだけ理解しておくように努力しましょう。

ただし、録音をする際は必ず上司に事前に許可を取ってください。
誰にも何も相談せずに、勝手に録音をすることは避けましょう。

薬物療法で問題行動を軽減する

大人 ADHD 仕事発達障害の中でもADHDは、薬を使って症状を軽減することが可能です。

ADHDを根本から治すことはできなくても、薬物療法で問題行動をある程度おさえて、本人が生きやすい環境を作っていくことには、大変意味があります。

仕事や対人関係のストレスが減れば、本人も前向きに希望を持って働いていくことができるでしょう。

社会で働きながら生活していくことがあまりにも辛いと感じている人は、薬を取り入れた治療を考えてみるのもひとつの手段です。

では、ADHDの治療に使われる薬について、詳しくご紹介していきます。

ADHDに効果がある薬とは?

治療薬には、ADHDの特性である「不注意」、「多動性」、「衝動性」の症状を軽減する効果があります。

ADHDの治療に使われる薬は「コンサータ」「ストラテラ」の2種類。

どちらも脳内物質のバランスを調整する作用があり、それによってADHD特有の症状をおさえます。

両方とも保険が適用される処方薬のため、医師による診察が必要。
医師の管理の元で処方され、薬の効き目や経過を定期的に診てもらえるので安心です。

「コンサータ」と「ストラテラ」はどちらもADHDの治療薬ですが、作用の仕方や効き方に違いがあります。

では、ふたつの薬について細かく見ていきましょう。

「コンサータ」について
薬名を「メチルフェニデート(中枢神経刺激薬)」といい、中枢神経に作用して脳内の神経伝達物質のドーパミンやノルアドレナリンのバランスを調整します。
服用後に徐々に作用し、効果は12時間程度持続するので、基本的には1日1回の服用になります。
医師が薬の効き具合を診ながら分量を調節していきます。
服用から2週間程度で症状の改善を実感できると言われており、効き目の早さが特徴。副作用としては、食欲低下や睡眠障害などが起こることがあります。
薬の分量が多過ぎると副作用も強く出るため、不安な症状が出たときはすぐに医師に報告し、分量を調整してもらいましょう。

 

「ストラテラ」について
薬名を「アトモキセチン(選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)」といい、脳内神経伝達物質のノルアドレナリンを活性化させる働きを持っています。
また、脳の前頭葉においてドーパミンを増やす作用もあります。
ストラテラは中枢神経には作用を及ぼさないため依存性や耐性がなく、薬物乱用などに陥る危険が少ない点がメリット。コンサータに比べると、服用してから効果が現れるまでに時間がかかり、作用が穏やかという特徴があります。
効果を感じるまでの期間は個人差はあるものの、およそ1~2カ月かかります。

副作用は、腹痛・食欲低下・眠気など。
特に多くの人に現れるのが「吐き気」です。
ただし、副作用はほとんどが一過性であり、1~2週間で軽減していくことが多いため、よほどひどい症状が出ない限りは、しばらく様子を見るようにしましょう。

コンサータとストラテラはどちらが効果が高いのか?

大人 ADHD 仕事コンサータとストラテラはそれぞれに違った特徴があり、医師が本人の症状に合わせてどちらを処方するか判断します。

できれば体に安全で効果の大きい薬を服用したいところですが、どちらの薬もそれぞれ一長一短があり、どちらの方が優れているかは一概には判断できません。

コンサータは、早い効き目と効果の高さが特徴で、緊急性のある患者に対して非常に大きな効果をもたらします。
反面、中枢神経を刺激するため、依存性や耐性といった問題が生じることも。

ストラテラは、依存性や耐性が無い点が1番の特徴であり、治療が長期に渡っても安心して服用できるのが魅力です。
しかし即効性はなく、効果が出るまでに時間がかかるのが難点。

本人の症状の出方や状態によって、どちらの薬がより効果的かを判断して処方されますので、診察の際には医師に自分の症状や困っていることをしっかり伝えることが肝心です。

また、体質に合う合わないなどの問題もありますので、受診の間隔や薬の服用量など、医師の指示をしっかり守り、もし副作用と思われる症状が現れたら、できるだけ早めに医師へ伝えるようにしましょう。

対人関係で悩んだときの対処法

大人 ADHD 仕事発達障害の人は、他人とスムーズなコミュニケーションを取ることが苦手です。

ADHDの場合、

人の話に集中できず、自分の話ばかりしてしまう
☑衝動をコントロールできない
☑人の話に割り込む
☑約束したことを守れない

などの特性により、人間関係をうまく構築することが難しいのです。
その為、段々と周囲とのズレを感じて苦しくなり、孤立してしまうことがあります。

また、ADHDの人は、他人の気持ちを汲むことは出来ますが、沸き起こる衝動性を抑えることが苦手なため、結果的に相手に失礼なことをしてしまい、自己嫌悪に陥ってしまうことも。

暗黙のルールが分からなかったり、いわゆる「空気が読めない」というアスペルガー症候群とは異なり、周囲の状況は分かっているのに、そこに適応できずに悩むのがADHDの特徴です。

職場での人間関係がうまく行かなくなると、たえず劣等感や孤立感に悩むようになり、中にはうつ病を発症してしまう人も。

しかし、本人の努力だけで何とかなる問題ではないため、ADHDの人が円滑な社会生活を送っていくためには、医師の助言や、家族、職場に理解と協力をしてもらうことが必要です。

それでは、対人関係で悩んだときの対処法を見ていきましょう。

雑談が苦手

大人 ADHD 仕事ADHDの特性である衝動性によって、パッと頭に浮かんだことをそのまま口に出してしまうことが度々あります。

雑談とは言え、いきなりその場にそぐわない話をしたり、相手の気にしていることをズバッと言ってしまうと、相手は戸惑ったり傷ついたりしてしまいます。

 🙁 後で後悔しても、一度口に出してしまった言葉は元には戻りません。

言葉を口に出す前に、ひと呼吸おいてから話す習慣をつけることが大切です。

また、人が話している時に遮って自分の話を始めてしまうことが多いのもADHDの特徴。
相手にしてみれば、自分の話を遮られるのはあまり気分の良いものではなく、「自分勝手な人」と思われてしまうことも。

こうした衝動性は完全にコントロールすることは難しく、人付き合いにおいては厄介な特性ではありますが、対処法を身に付けることで少しずつ改善していくことが可能です。

☝【対処法】☝

人と話すときは、まず「相手の話を聞く」という姿勢に。

衝動的に何かを話したくなったときは、一旦ひと呼吸おいて時間を置きます。
話す前に、一度頭の中で考えてから口に出すように心がけましょう。

人と雑談をする時は、まず「聞き役に徹する」という考えでいると無用な失敗を避けることができます。

何も会話に積極的に参加することだけがコミュニケーションではありません。
特に何も話さなくても、その場に加わっているだけで貴重な情報を得られることもあります。

また、話す時には否定的なことを言わないように気を付けることも大切。

思わず言葉が口をついて出てしまうときに、いちいち注意を向けてはいられないかもしれませんが、否定的な言葉を避けるだけでもずいぶん相手への印象は変わります。

 💡 【大事なことは、話す前にまず「ひと呼吸おく」ということ】

ADHDの衝動性と闘うのは大変ではありますが、この習慣を身に付けるだけで、人を傷つけたり不快感を与えてしまうような発言はぐんと減らして行かれるでしょう。

何でも話せる友人ができない

大人 ADHD 仕事特性によって人との摩擦が多くなると、人との交流を恐れ、自分の殻に閉じこもりがちになります。
対人関係の度重なる失敗がトラウマとなり、積極的に人とコミュニケーションを取ることが怖くなってしまった人も多いのではないでしょうか?

誰か一人でも、何でも話せる相手がいると、心の持ちようが大きく変わってくるのですが、心を許せる人が誰もいない環境はとても辛いものですね。

発達障害の人に関わらず、人間関係が人の心に与える影響は非常に大きく、仕事の悩みよりも人間関係の悩みで仕事を辞めていく人は大勢います。

友人が欲しいと思っても、相手が必要なだけに自分の努力だけではどうしようもなく、八方塞がりで落ち込んでしまう人もいることでしょう。

☝【対処法】☝

職場での対処法としては、上司や同僚の理解と協力をどの程度受けられるかが、仕事環境の良し悪しに直結します。

友人とは言えないまでも、自分が受け入れられていると感じる職場であれば、安心して働くことができますよね。

職場は仕事をする場所だと割り切り、「友人を作らなくては」などと焦らずに、まずは仕事をしっかりこなす事に意識を向けましょう。

人間関係については、職場のサポートを得ながら無理のない範囲でやっていくのが吉。

ADHDの人の中には、非常に愛嬌があり、周りを楽しませることのできる人も多いと言われています。

しかし、そのような才能がない人でも、上で書いてきたことに注意して周囲と付き合っていけば、あなたを理解してくれる人がきっと現れるでしょう。

 💡 【人は、懸命に頑張っている人を見ると自然に協力したくなるものです】

自分の仕事へ対する姿勢や取り組みが、周りの環境を作っていくのだと理解し、まずは真摯に仕事に向き合うことが大切です。

まとめ

大人 ADHD 仕事ADHDの人が職場で困った時の対処法について、事例別に詳しく説明してきました。

仕事でつまずいたり、対人関係で思い悩んだりすることを少しでも減らし、本来の実力や持っている知識を職場で最大限に生せるよう、是非これらのヒントを活用してみてください。

発達障害者の雇用は、今後ますます門戸が開かれていくでしょう。
それに伴い、企業の受け入れ体制もさらに快適なものに整っていくものと思われます。

ADHDの人がどんどん社会に進出し、様々な場でやりがいを感じながら働けることを祈っています。

コメント