ADHD(注意欠如・多動症)

ADHDの子どもにおすすめの学習環境とは?

 
ADHDの子どもは得意・不得意の差は大きいですが、知的障害を伴わない場合は勉強ができないわけではありません。このページでは、ADHDの子どもの学習態度でよくみられるケースを紹介し、ケースごとにおすすめの学習環境を公開しています。

ADHDと投薬治療について考える~おとなの場合、子どもの場合~

 
ADHDにおける投薬治療について、おとなの場合と子どもの場合、そして二次障害になってしまったときの治療についてご紹介。療育についてや、ADHD治療にもちいられる薬について、新薬のことも含めてご説明いたします。

【ADHDであることのメリット】無限大の可能性!~ハンディを武器に~

 
私の妹はADHDと診断されました。ADHDの特性は社会で様々な壁を与えます。しかし、私の妹はその特性やハンデlィを武器に変え仕事で大活躍しています。今回はADHDだからこそ身に付けることができた7つのメリット(武器)を私の妹の体験談を交え紹介します。

【ADHD】具体的な特徴と当事者が抱える苦悩

 
「注意欠陥障害」や「多動性・衝動性」など様々な種類に分けられる【発達障害】について、実際にADHDを持っている筆者自身のこと、今までに筆者と両親が乗り越えることができたことをまとめた記事。

【ADHD】子どもの年代別に見る特性ととるべき対応とは?

 
「ADHDかもしれない…」もし、お子さんを見ていて、そのような考えが浮かんできたらどうすればいいのでしょうか?成長の個人差なのか、それともADHDなのか?この判断はとても難しいものです。今回はADHDの疑いがある場合、どのような点に注意すべきなのか?どのような対応をとるべきなのか?について紹介させていただきます。

同僚が発達障害?困った時はこう対処しよう!6つの実例と解決法

 
職場に発達障害の同僚がいて、「彼らの言動が理解できず困っている」「コミュニケーションがうまくとれず悩んでいる」という人はいませんか? 発達障害者の言動は、はたから見ると傍若無人な振る舞いに見えるかもしれません。 発達障害に関する...

ADHDのワーママに育てられた私が思う「ADHDの人に合う仕事、避けたほうが良い仕事」とは

 
この記事では、実際にADHDと診断された母(フルタイムワーキングマザー)に育てられた筆者が考える「ADHDの特性を持つ人に合う仕事」「これは避けた方が良い仕事」を紹介しています。