一人で悩まないで~子どもがADHDかもと思ったら~

発達障害情報ナビ

最近、ADHDを始めとする発達障害の特性が見られる子どもの子育て方法が話題となっていますね。

しかし、「具体的にどのような障害なのか、どのように接して子育てをしていけばいいのか分からない」という親御さんも多いことでしょう。

今回は、ADHDの主な特性から治療方法、接し方、家庭でできることをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

ADHDとは?

ADHD

ADHDとは「Attention Deficit Hyperactivity Disorder」の略で

  • 不注意(集中力がない)
  • 多動性(じっとしていられない)
  • 衝動性(考えずに行動してしまう)

これら3つの特性が、少なくとも2つ以上の状況(学校と家庭など)でみられる発達障害のことです。

また、年齢や発達に不釣り合いな行動をしてしまうことにより、社会的な活動や学業に支障をきたすものとされています。

これらの特性があるために、ADHDでない子どもにとっては当たり前にできることも、ADHDの子どもにとっては苦手であったり、難しかったりします。

上記3つの特性があるから絶対にADHDだというわけではありませんが、これらの特性のために、本人、家族、担任の先生、友達などの誰かがいつも困っているならば、この状況を改善していく必要があります。

ADHDの分類

ADHDADHDの特性の現れ方には違いがあり、主に「不注意が目立つ群」「多動性・衝動性が目立つ群」「混合群」の3つに分けられます。

3群の行動の特徴について以下にまとめました。

「不注意が目立つ群」

  • 忘れ物が多く、物をなくしやすい
  • 気が散りやすく、集中力が続かない
  • 興味があるものには集中しすぎてしまい、切り替えが難しい
  • ボーっとしていて、話を聞いていないように見える
  • 行動が他の子よりワンテンポ遅れる
  • 字が乱れる
  • 不器用(縄跳びなどが苦手)
  • 片付けられない
  • あまり目立たない(ADHDであることに気づかれにくい)

「多動性・衝動性が目立つ群」

  • 落ち着きがなく、授業中立ち歩く
  • 体を動かすことがやめられない
  • 衝動性が抑えられず、ささいなことで手を出してしまったり、大声を出したりする
  • 乱暴な子、反抗的、という目で見られやすい

「混合群」

  • 不注意と、多動性・衝動性の両方の特徴をもつ
  • 忘れ物が多く、物をなくしやすい
  • 落ち着きがなく、じっとしていられない
  • 衝動が抑えられず、順番が守れなかったり、ルールが守れなかったりする
  • 不注意、多動性、衝動性の現れ方の度合いは人によって違う

ADHDの特性には個人差があるため、人によって現れかたは様々です。

「どれもそんなに当てはまらないし、やっぱり子育ての仕方が悪いのかな」と1人で抱え込まず、専門の医療機関に相談しましょう。

「我が子はADHDかもしれない」と感じたら

ADHD

  • 専門の医療機関に相談
  • 日ごろからの行動や様子を具体的に記録する

まずは、専門の医療機関に相談に行きましょう。

専門の医療機関とは「小児科」「児童精神科」です。

ADHDを診断できる診療科は、総合病院や大学病院にあります。

近くに専門医がみつからない場合は、地域の保健センターや児童相談所、かかりつけの小児科医、総合病院の小児科、発達障がい者支援センター、学校の窓口などに相談すれば、専門の医療機関を紹介してもらえます。

診察室で医師は

  • 問診や子どもの様子を直接観察すること
  • 保護者から情報を得ること

これらを診断の参考にして、ADHDかどうか診断します。

そのため、初めて受診する際には、「子どもの日ごろの行動や様子を具体的に伝える」必要があります。

以下にイーライリリー・アンド・カンパニーがサイトで掲示している「子どもの日常生活チェックリスト」を用意しました。

URLをクリックしたら、ダウンロードが出来ます。

受診の際にご活用くださいね。

親と子のためのADHD(注意欠如・多動症)サイト
ADHDのお子さんの特性について理解しながら、保護者の方とお子さんの悩みを解決するヒント、サポート情報、チェックリスト、体験談など役立つ情報を詳しくご紹介します。病院検索でお医者さんを検索し、お子さんの行動への悩みや不安を相談してみませんか?

※これは医師にADHDの症状を的確に伝えるためのシートです。診断結果を表すものではありません。

ADHDの子どもたちは、日常でもさまざまな悩みを抱えており、それらが積み重なると自尊心の低下などの問題が出てくる可能性があります。

そのため、本人が生きていきやすいように適切なサポートと治療が必要です。

親御さんに知っておいてほしい3つのこと

次からはADHDの子どもと接する時、親御さんや周りの人に知っておいてほしいことをご紹介します。

一番困っているのは発達障害児自身だということを理解する

発達障害情報ナビ_ADHD_一番困っているのは発達障害児自身だということを理解する「どうして皆と同じようにできないんだろう」「何度言ってもできない」と、親としては子どもの将来のことを考えると不安になってしまいますよね。

しかし、そう思っているのは子どもも一緒です。

ADHDの子どもは集団行動が苦手な傾向があり、叱られる回数も多くなりがちで「自分はダメな子なんだ」と自分自身を否定したり、悲観的になったりしやすいのです。

決して、子どもたちは親御さんを困らせたくてやっているわけではありません。

「わざとではない」ということを理解してあげましょう。

自分たちだけで悩みを抱えないこと

発達障害情報ナビ_ADHD_自分たちだけで悩みを抱えないこと親御さんに知っておいてほしいことのふたつめは「どうか自分たちだけで悩まないで」ということです。

子育てには悩みはつきものですよね。

「どうして私だけこんなに上手くいかないの?」という気持ちになってしまうこともあるでしょう。

そこで子育てを楽しくするため、筆者は下記を提案します。

  • 子どものいいところを書いておく
  • 自分のストレス発散方法を見つけておく
  • 自分を支えてくれる人を書き出す
  • 「しんどいな」と感じたら、自分自身を休ませる

子どもの失敗が続き、「何を言ってあげたらいいか分からない」ときに「この子にはこのいいところがあるじゃないか!」と思い出せるよう、上記を意識しておいてほしいのです。

子どものいいところが見えてくると、きっと子育てが楽しくなってくることでしょう。

あなたは決して1人ではありません。

必ず支えになってくれる人、力になってくれる人がいます。

子どもとしっかり向き合うためにも、自分自身を大切にするようにしてくださいね。

治療は本人のため

治療方法は主に、心理社会的支援・薬による治療の2つです。

① 心理社会的支援

  • 子どもの周りの環境を整える(環境整備)
  • 親が適切な対処法を学ぶ(ペア・トレーニング)
  • 子ども本人が適切な行動を学ぶ(ソーシャルスキル・トレーニング)

② 薬による治療法

  • アトモキセチン
  • メチルフェニデート
  • ※どちらも脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンやドパミンの不足を改善する働きがあります
    ※賛否両論ありますが、弊社では「発達障害やADHDは個性の一つだという考えもあるため、たとえ医師が勧めたとしても、安易な精神系の薬の服用は慎重になったほうがよい」という考えのもと、サイト作りを行っております。薬に関しましては、自己責任においてご利用ください。

ADHDADHDはその子の特性だと捉えることもできますが、その特性のために本人や人たちが困難を感じているのであれば、その特性と周囲の環境のバランスを改善するために、治療を行います。

最初は心理社会的支援から始めます。

そして、心理社会的支援の効果と周囲の状況から診断し、必要であれば薬による治療を組み合わせていきます。

治療を継続し、学校や家庭で困っていたことが好転して、その環境が維持されるようになってきたら、治療の再検討を行います。

その上で忘れてはいけないことは、治療の目的です。

ADHDの子ども本人が

  • 自分の特性を理解し、自分の行動をコントロールできるようになることによって、その子の生きにくさが改善されること
  • 友達に受け入れられ、他の子どもたちのように充実した生活が送れるようになること

本人が生活する上で困ることがないように治療することが目的です。

大人からの目線で「扱いやすい子」になることではありません。

より良い環境を作るには、学校、家庭、医療機関の連携が必要となってきます。

親御さんや教師の協力があってこそ、医師は必要な情報を得ることができ、適切な治療方針を決められるのです。

それぞれの情報を共有し、同じ認識をもつことで、どこを改善していけば良いのかも見えてきますよ。

自宅でできること

ADHDADHDは育て方やしつけが原因では起こりません。

ただし、接し方や育て方が影響を与えることはあります。

そのために、環境設定と具体的な指示が必要であり、結果がうまくいけば、しっかりとほめることが大切なのです。

環境の作り方

ADHD_環境の作り方ADHDの子どもは色々なことが気になってしまい、ひとつのことの集中するのが困難な場合があります。

そのため、集中しやすい環境を作ることが大切です。

オススメするのは部屋の角を勉強スペースにすることです。

壁と壁、そして本人の位置を結ぶと三角形になるようにします。

すると本人の目には壁しか入らないので、他のものが目に入りません。

また、ついたてを使って視覚的な刺激が入らないようにするのも良いでしょう。

なるべく注意が他の所に向かないような環境を作ってあげることが大切です。

できて当然だと思うことをその時に褒める

ADHD_できて当然だと思うことをその時に褒める

  • 食事の時、じっとして座って食べる
  • 宿題に集中して取りかかる

このようなことはできて当たり前の行動として考えていませんか?

ADHDの子どもはひとつのことに集中して取り組むことが難しいため、これらのことも苦手としているのです。

できていない時に注意するのではなく、「座ってご飯を食べることができているね。すごいね」など、できている時に褒めるようにしましょう。

周りから見たら当たり前のことであっても、子どもにとって大きな進歩です。

些細なことを見逃さないように、しっかり子どもの様子を見てあげるようにしてくださいね。

指示は具体的に

ADHDできていない時に思わず「ちゃんとしなさい!」などの言葉かけをしていませんか?

「ちゃんとしなさい」など、曖昧な言葉で注意するのではなく、具体的な指示を示さないとなかなか子どもには伝わりません。

例えば、食事の時にすぐ席を立ってしまった時には「どうして立っているのか」聞いて、「もうおなかいっぱい」ならば「じゃあ、ごちそうさまをしてから、席を立とうね」と、これからどうすればいいかを示してあげましょう。

強化と罰とは

ADHD先ほど、「叱るのは最低限」「できて当然と思っていることでも、出来たら褒める」という方法を紹介しました。

これは臨床心理学でも使われている方法なのです。

  • 強化:ある状況下で、ある自発的反応に対し、強化刺激を付与することで、その自発的反応頻度を増加させること。
  • 罰:ある反応をしたときに不快な刺激を与えることで反応を減少させること。

つまり、結果として「ある行動を増やしたら強化」、「減らしたら罰」となります。

これを行うためには、「行動」を起こした後の「刺激」が必要です。

刺激とは「声をかける」「褒める」「叱る」「無視をする」などです。

その刺激の内容によって、行動が増えるか(強化)、もしくは減るか(罰)が決まります。

この理論を利用して子育てをしていこうとするのが、臨床心理学の基本となっています。

「好ましい」と思われる行動を増やす方法

ADHD例えば、「じっと座っていることが苦手な子どもが、30秒間席に座ることができた」としましょう。

できて当然と思われるかもしれませんが、この時に「すごいね!!ちゃんと座れたね!」と、「座る」という行動に関心を当て、褒めてあげましょう。

「座る」時間を延ばすことができたら、強化成功です。

「好ましくない」と思われる行動を減らす方法

「自分の要求が通らず、暴れている」時に「声をかける」という報酬を与えてしまうと、「暴れたら、関心を向けてくれる」という「好ましくない行動」を増やしてしまう可能性があります。

これも強化です。

❓「じゃあ、罰を与えて行動を減らせばいいの?」

いいえ、なるべく「罰」は最終手段に使うようにします。

「罰」とは行動を減らすものですので、「叱る」「無視する」ことも「罰」になり得ます。

もちろん体罰も含まれますが、これらは子どもにとっても、大人にとっても心に傷を負ってしまうことが多いのです。

❓「でもそしたら周りに迷惑がかかるし、静かにさせるにはどうしたらいいの?」

まずは、落ち着くまで待ってあげましょう。

無視するのではなく、目を離さずに待ってあげることが大切です。

そして、暴れた原因は何だったのか、子どもに「共感」しましょう。

その上で、何がいけなかったのか、次から暴れるのではなくどうするか、一緒に考えてあげることが大切です。


【「言うことを聞かせるようにする」のではなく、「好ましい行動」を増やしていくためにはそうすればいいか】と考えることがポイントです。

叱るのは最低限。

好ましい行動は褒めて増やしていきましょう。

さいごに

家族子どもにそれぞれ個性があるように、ADHDの症状も子どもによって違います。

「もしかして……」と思ったときは、配偶者や自分の親、友人、医療機関を頼ってください。

医療機関に相談する場合は、「小児科」や「児童精神科」へ。

その際、子どもの日ごろの様子をメモに取り、しっかり伝えるようにしましょう。

どうしても「できないこと」が目立ち、叱りたくなることが多くなるかもしれませんが、「できること」を増やし、「成功体験」を増やしてあげることが大切です。

「できるようになるため」の指示は具体的に示してあげましょう。

自分たちだけで解決しようとせず、家庭・学校・医療機関と連携を組み、その子にあった対処法を考えていきましょう。

コメント