保護者の皆様に伝えたいこと

「息子の命を守りたい」~私がADHDの息子に薬を使い始めたきっかけ

 
ADHDの特性を持つ中学生の息子に「薬を使うようになったきっかけ」や「薬の使い方」など私の体験をお話します。ADHDの治療に薬を使うかどうか悩んでいる保護者の皆さんの参考になれば幸いです。

ADHD等の発達障害児の将来の為に今からやっておきたい7つのこと

 
今は自分や周りの人がそばについてあげられるけど、将来、進学や就職で親元を離れたとき、1人でやっていけるのだろうか?自立できるだろうかと心配ですよね。このページでは、そんな発達障害児の為に今からやっておきたいことをまとめています。

可能なら取得したい療育手帳!大きなメリットをご紹介

 
知的障害のある子ども向けに発行される療育手帳は、取得すると障害者の枠から抜けさせないイメージが強く、デメリットが大きいと思われがちですが、取得できれば就学・進学・就職の選択肢を広げられ、自立のための援助を受けやすくなるのです。このページでは、療育手帳について詳しく紹介しています。

発達障害の特徴と原因は? 注意しなければいけないことは?

 
一般的に発達障害は、自閉症スペクトラム障害、注意欠陥多動性障害、学習障害の三つに分けられます。こちらのページでは、発達障害に悩む保護者の皆さんにお伝えしたいことをまとめています。

我が子がADHDと診断された!親御さんに「してほしいこと」まとめ

 
幸せに生まれてきて、さあこれから育児に追われるという矢先に、突然知らされる我が子のADHD。何も心構えができていないお父さん・お母さんは自分たちを責めてしまうことが多いのです。しかしADHDのお子さんにとって、親御さんのサポートは絶対に必要なことでもあります。どのようにサポートをすればお子さんがスクスクと成長するのか、すぐにでもしてほしいことをご紹介しましょう。

「発達障害は親のせい?」親の悩みを少しでも取り除くにはどうすればいいのか?

 
発達障害児を育てる保護者には悩むことが多くありますよね。我が子の行動、周りからの言葉や噂。「私たち親が悪いのかも」と毎日が辛く感じているかも知れません。今回は発達障害について、そして発達障害児を取り巻く学校、人間関係などについてご紹介します。

発達障害を伝えることが子どもに合った幼稚園・保育園探しの近道に!

 
発達障害児を保育園などに預ける時は、障害のことを入園前に話しておきましょう。入園を拒否されることもありますが、子どもを強引に預けるとその子が二次障害に陥ってしまう危険性があります。退園や入園拒否の保活経験、自治体の対応、受け入れてくれた園の特徴を紹介します。

発達障害を持つ子どもの進路選択

 
発達障害児の進路選択は、その子の今後の人生を左右する大きな決断となりますね。親御さんたちは最善の選択をしたいと思っていることでしょう。このページでは、その答えをさぐる一助となるよう発達障害児の就学に関わる進路選択について詳しく説明しています。

子どもがADHDと診断された!親が取るべき基本的な対応から具体的な【3つの対処】

 
お子さんが発達障害の一つであるADHDと診断された保護者は不安と焦りを抱えています。ここでは、ADHDとは何か、そしてこれからの基本的な対応や、具体的にできることなどを詳しく紹介しています。

発達障害のある我が子と乗り越えた【幼稚園や学校での様々な問題】について

 
幼稚園・学校等の集団生活を始めると、ADHD等の発達障害を抱える子どもたちは様々な問題と直面します。私と子どもが「ADHDと向き合うことが出来るまで」の体験談をお話します。