発達障害

子どもが発達障害かも!?病院へ行くべき?受診を迷っている親御さんたちへ

 
「もしかしたら、この子は発達障害なのかもしれない」と思ったときに受診する病院について、保護者の皆さんへ知っておいてほしいことをまとめました。お子さんにADHD等の発達障害の兆候が見られる場合や、受診を迷っている親御さん達の参考になりましたら幸いです。

【発達障害児・子育て】親がするべきことと心構え~個性を生かした教育をするために~

 
発達障害児を育てる親御さんは、「しっかり育てなければ!」という強固な意志をもって育児に取り組んでいらっしゃる場合が多いことでしょう。確かにしっかりと育てる必要はどんなお子さんにも必要です。しかし、発達障害児には様々なタイプが存在します。それぞれの個性を生かした教育とは、どのようなものなのか説明しています。

発達障害について必要な理解と受け入れるための準備と各手帳の必要性について

 
自分や子どもが発達障害であると診断された場合、どうすればいいのでしょうか? また、発達障害の特性が見られた場合に取れる行動とは? 自閉症スペクトラム障害に現在も苦しんでいる筆者が、体験談から対策と心構えについてお話をします。 ...

読めない・書けない・計算できないのは【見え方】の特性のせいかも?効果的な発達障害児童の学習支援とは

 
知的な遅れのない子どもが勉強でつまずく大きな原因に「見え方の特性」があります。見え方に不具合があると、読み・書き・算数など基礎的な学習に困難が生じますが、家庭や学校で特性に合わせた学習支援を受けることで、状況が改善することがあります。このページでは「見え方の特性」に焦点を当て、詳しく説明しています。

可能なら取得したい療育手帳!大きなメリットをご紹介

 
知的障害のある子ども向けに発行される療育手帳は、取得すると障害者の枠から抜けさせないイメージが強く、デメリットが大きいと思われがちですが、取得できれば就学・進学・就職の選択肢を広げられ、自立のための援助を受けやすくなるのです。このページでは、療育手帳について詳しく紹介しています。

特別支援学級ってどんなところ?メリットとデメリットとは【発達障害の子どもの進学先】

 
発達障害児の進路のひとつに、小学校内にある特別支援学級があります。特別支援学級はきめ細やかなサポートが魅力で、子どもに合った個別指導が受けられますが、友達が少なくなったり、学校によって教育の質が異なるというデメリットもあります。今回は特別支援学級について詳しくご紹介します。

発達障害児の個性を伸ばす習い事の選び方

 
発達障害児に習い事をさせるときに「長続きしない」、「何を習わせればよいのか迷っている」などで困っている保護者も多いことでしょう。このページでは、発達障害児に習い事をさせる際の選び方やおすすめの習い事を公開しています。

発達障害を持つ子どもの進路選択

 
発達障害児の進路選択は、その子の今後の人生を左右する大きな決断となりますね。親御さんたちは最善の選択をしたいと思っていることでしょう。このページでは、その答えをさぐる一助となるよう発達障害児の就学に関わる進路選択について詳しく説明しています。

病院探しのコツと私の娘が発達障害と初診診断してもらえた理由

 
発達障害児の進路選択は、その子の今後の人生を左右する大きな決断となります。保護者の皆さんは最善の選択をしたいと思っていることでしょう。ここでは、その答えをさぐる一助となるよう発達障害児の就学に関わる進路選択について詳しくご紹介しています。

生き辛さを感じているなら…発達障害について学んでみよう

 
皆さんは「発達障害」という障害をご存知でしょうか。最近その言葉を耳にすることが多くなりましたが、発達障害に対する認知度はまだまだ低いです。そこで発達障害の事が分からない方たちのために発達障害について紹介していきます。