子どもへのまなざし

子どもへのまなざし
【著者】佐々木正美
【amazon評価】★★★★★★★★

この本は「読んだことがある」「手に取ったことがある」「見たことがある」人が多いのではないでしょうか。

児童精神科医の佐々木正美先生の著書です。

この本はシリーズ化されており、その第一作品目の本です。

私には本を選ぶ時に、一つの目安として大切にしている選び方があります。

その一つが、本の後ろの方に書かれている「発行日」を見ることです。

ここには初版の年月日と今手に取っている本が刷られた年月日、そして、第何刷なのかが書かれています。

初版が古ければ古いほど、また刷られた回数が多ければ多いほど、長く人々から愛されている本だということがわかります。

この本はまさにそれを満たしており、多くの親御さんから愛されてきた本なのです。

この本は子どもの発達について、早くは胎児の頃から、幼稚園や保育園、小学校、思春期そして、自立に向かうまでの姿を細やかに分かりやすく書かれています。

ちなみに表紙や挿絵を担当されているのはあの有名な絵本『ぐりとぐら』の絵を担当された山脇百合子さんです。

山脇さんのほっとするイラストがこの本を手にとる親御さんの心をすっと受け止めてくれるようで、不思議な安心感があります。

この本は発達障害に特化された本ではありません。

子どもとかかわる全ての人に読んでほしい本だと私は感じています。

佐々木先生は精神科の中でも児童を専門とされているので、この本の中で、様々な年齢や環境の子どもの心を代弁してくださっています。

つまり、「この子が何を考えているのか、何を思っているのか分からない」そして、「親として今どうすればいいのか」と悩む親御さんにぴったりの本なのです。

医学的な観点から書かれていますが、決して難しい内容ではなく、むしろ説得力があります。

先生のするどい言葉に、はっとさせられることもあるでしょう。

しかし、どこかあたたかさを感じるのです。

そしてそっと、親御さんの背中を押してくれることでしょう。

私は今までこの本を多くの親御さんに勧めてきました。

現代社会の中で子育てをする親御さんは、困った時にネットで調べることが多いですよね。

私はそれを悪くないと思うんです。

時代の流れは変化していくものですから、今の時代に合った方法を十分に活用すればいいのです。

しかし、時代がいくら流れても変わらないものがあります。

それは「人が人を想う心」なのではないかと思うのです。

佐々木先生はその「心」の部分をとても大切にされています。

一人っ子だから、貧乏な家に生まれたから、シングルの家庭だから……発達障害と診断されたから……この本を読むとそのようなことに囚われている時間がもったいないと思ってしまいます。

そう、目の前にいるあなたの子どもや家族、そして自分自身のことを一人の人として愛し、慈しむことへの喜びを感じることができるのではないでしょうか。

一つ思うことは、この本は一家に一冊あってもよいくらいの本なのではないか、ということです。

しっかりとしたハードカバーで作られており、ページ数は300ページを超えます。

ですから、中には「手に取りにくい」「量の多さに気後れしてしまう」という人もいらっしゃるかもしれません。

ですが、私は一度にすべて読まなくていいと思っています。

「今」自分が欲している箇所だけを読めばいいと思います。

子どもの成長とともにページを進めていく、そんな本があってもいいのではないでしょうか。

0

コメント