発達障害がある人のための みるみる会話力がつくノート

発達障害がある人のための みるみる会話力がつくノート
【著者】柳下記子
【amazon評価】★★★★★

この本は、長男が自分でSSTをやる気になった時のために買いました。

結果としては長男にとっては面倒くさいものと捉えられてしまったようで、残念ながら書きこんで使った形跡はありません。

それでも、今後使おうと思う時がくるかもしれないので本棚にしまってあります。

この本は、色々なケースが漫画で紹介してあり、SSTを自分で行える内容になっています。

自己紹介、人の話を聞く、質問をする、などの基本的なコミュニケーション、友達との間で交わされるようなコミュニケーションについても、NGの例とその理由を漫画で解説しています。

何故NGなのかの理由がきちんと説明されているので、とてもわかりやすいです。

そして、そのNGな行動をしない代わりにどうしたらよいのか、また、どのような行動をすれば周りの人とスムーズにコミュニケーションがとれるのかをワークシートを使って学ぶことができます。

ワークシートは書きこみができるようになっているので、本にそのまま書きこんで使うことができます。

この本は、子どもよりも大人の発達障害当事者向けだと感じました。

当事者の中でも、雑談や日常会話などふだんのコミュニケーションに困難を感じている人、社会にもっと溶け込みたいと考えている人が使うことに向いているのではないかと思います。

0

コメント